【キュボロの種類】スタンダードとベーシスを徹底比較!買い足しは必要?

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

・キュボロには種類がたくさんあるけどどれを選べばいい?
・ベーシスとスタンダードの違いは?
・買い足し用のパーツもあるけど買い足しは必要?


こんな悩みを解決できる記事を書きました。


キュボロは値段も高いので種類を選ぶのに失敗もしたくない。


でも、キュボロはたくさん種類があるのでどれを選んでいいか分からない


というのがキュボロを購入する上で悩みどころだと思います。


この記事では、キュボロの種類の比較と、初めてキュボロを買うときにどの種類を選べばよいかということについて解説します。

初めて買うならキュボロスタンダードかベーシスの種類を選ぶ

キュボロはたくさん種類がありますが、正直何も迷う必要がありません。


初めてキュボロを買う場合は、キュボロスタンダードまたはキュボロベーシスを選べば失敗しないです。


その理由としては、スタンダードとベーシスはキュボロの種類の中でもパーツの数が多く、しっかり遊べるからです。


キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し


キュボロスタンダードとベーシスはどっちを買えば良い?

スタンダードとべーシスどちらを選んだ方が良いかというと、どちらにもメリット・デメリットがありますが、初めて買う場合はスタンダードをおすすめします。


その理由としては、スタンダードはブロックの数がベーシスと比べて24個も多いからです。


スタンダード

  • メリット:ブロックの数が多い
  • デメリット:値段が高い

ベーシス

  • メリット:ブロックの数が少ない
  • デメリット:値段が安い


スタンダードもベーシスも楽しく遊ぶのには十分なブロックの数ですが、キュボロはパーツが多いほど、いろんな組み合わせやコースを作ることができるので、スタンダードの方が楽しさがより広がります。


実際に私がキュボロスタンダードで遊んでみた感じたことはこちらにまとめています。



キュボロスタンダードとベーシスの徹底比較

次に、キュボロスタンダードとベーシスの違いについて比較していきましょう。


ブロックの種類についてはどちらも同じ13種類ですが、ブロックの数が大きく違います。


キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

スタンダードとベーシスで数量が違うブロックはこの5つです。

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

特に大きく数量が違うのが、写真の溝が彫っていないタイプのブロック。


溝が彫ってないので、あまり使い道がないように思いますが、キュボロを組み合わせていくための土台となる重要なブロックとなります。


キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

次に垂直に穴があり高低差を利用するブロックです。こちらもビー玉のコースを作るのに重要な役割があります。

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

カーブが彫っていて、ブロックの中にもビー玉の通る穴が彫ってあるタイプものもスタンダードには多く入っています。

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

このようにスタンダードは、ベーシスより24個も多くブロックが入っているので、組み合わせの選択肢が多くなります。

キュボロ種類の一覧と解説

キュボロスタンダード

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロの中でもっともパーツの数が多いのがスタンダード。飽きずに遊びたい方にはコレ!

キュボロベーシス

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

スタンダードとともにキュボロの基本となる種類です。はじめて買うならスタンダードかベーシスがおすすめです!

キュボロクゴリーノ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロクゴリーノ スタート

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロ 土台

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロコグリーノ マジック

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロコグリーノ サブ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロコグリーノ ポップ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロコグリーノ ヒット

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロプラス

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロマルチ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロメトロ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロデュオ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロプロフィ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロシックスパック

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロトリッキーウェイズ

キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し キュボロ 種類 スタンダード ベーシス 違い 買い足し

キュボロは種類によっては買い足しが必要?

キュボロのスタンダードがあれば、基本的に買い足しはしなくても楽しく遊ぶことができます。


子供が楽しく遊べるようであれば、ベーシスでは少し物足りなくなるので買い足しも必要になります。


例えばスタンダードに入っているブロックをほとんど使えば、このようなコースを作ることも可能ですが、大きなコースを作るにはベーシスでは少しブロックが足りません。


キュボロの買い足しにおすすめの種類

キュボロの買い足しをまとめて購入するなら、ユリイカがおすすめです。


日本製で不良に対する保証が手厚く安心感があるのがユリイカの特徴です。


日本製ですがキュボロよりも安く購入できるのも魅力の一つです。



キュボロを手に入れる方法

キュボロを手に入れるには以下の3つの方法があります。


  • 実店舗、販売代理店で購入
  • インターネットで購入
  • 定額のレンタルサービスに登録する

それぞれ特徴があるので解説していきます。

実店舗・販売代理店

実店舗や販売代理店で購入するメリットはこちらです。


  • 実物を見て購入できる
  • 初期不良等の不具合に対応してくれる


また、実店舗や販売代理店で購入するのにはデメリットもあります。


  • 実店舗や販売代理店の数自体が少ない
  • 実店舗や販売代理店のない地域もある
  • キュロボ自体が手に入りににくく、予約や待ち時間が必要


キュボロは人気商品なので実店舗で商品を手に入れるのが難しいですが、アフターケアや不良品の対応などをしてくれる安心感があります。


実店舗で購入したいという方はこちらにキュボロの取り扱いがあるお店をまとめていますので参考にしてください。


インターネットショップ

インターネットショップで購入するメリットはこちらです。


  • どこからでも購入できる
  • 在庫があれば予約が不要


また、インターネットショップで購入するのにはデメリットもあります。


  • 価格にばらつきがある
  • 初期不良やアフターケアの対応をしてもらえるか販売店による


アフターケアや不良品の対応について不安がありますが、キュボロの不良はあまり考えられないので、心配する必要はありません。

定額制のおもちゃレンタル

購入ではありませんが、定額制のおもちゃレンタルに登録して遊ぶことも可能です。


>>キッズラボラトリー 口コミと評判【デメリットと辛口評価も解説!】

1日わずか、78円。おもちゃが期限なしで使い放題【キッズ・ラボラトリー】


\ お試しプランもあります! /


定額制のおもちゃレンタルのメリットはこちらです。


  • もし子供が遊んでくれなくてもダメージが少ない
  • 月額で安く利用でき、他のおもちゃも遊べる


また、定額制のおもちゃレンタルのメリットにはデメリットもあります。


  • 中古品なので、傷なども考えられる
  • おもちゃの空きがない可能性がある


月額のおもちゃレンタルは今とても人気のサービスで多くの人が利用しています、中古品であるということを理解できれば、安く利用できたくさんのおもちゃを試すことができます。