【口コミ】おやすみたまごは夜も使える?事故が起きる可能性は?いつまで使える?代用品は?

この記事で分かること

  • おやすみたまごの口コミ
  • おやすみたまごのメリット・デメリット

赤ちゃんの寝かしつけで苦労する方は多いですよね。

時間をかけて寝かしつけても、おろした瞬間に起きてしまい、睡眠不足で体調を崩す原因にもなってしまいます。

そんな人におすすめしたいのが「おやすみたまご」です。

「おやすみたまご」赤ちゃんのために開発された、ビーズクッションです。

このクッションを使うと、ママのおなかと同じ体勢で寝かせられるので、赤ちゃんが起きてしまうのを防いでくれます。

この記事では実際に「おやすみたまご」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

寝かしつけで大活躍するアイテムだよ~♪

おやすみたまごを実際に利用した口コミ

おやすみたまご 口コミ

おやすみたまご 口コミ

子どもが新生児の頃に寝かしつけに苦労していて、わらにもすがる思いで導入したのが「おやすみたまご」でした。

一見よくあるビーズクッションですが、赤ちゃんがぐっすり眠れるように設計された特別なクッションなのです。

助産師の浅井貴子さんが推奨されているアイテムでもあり、「赤ちゃんのプロがすすめる商品なら安心!」と思い使い始めました。

おやすみたまごのおかげで私の寝不足が改善され、余裕をもって育児ができるようになりました。

寝かしつけが上手くできず、悩んでいた時に出会ったよ。

おやすみたまごの利用者のネット上の口コミ

おやすみたまごのメリット

おやすみたまごのメリット

  • 赤ちゃんの背中スイッチを作動させない
  • 持ち運びが簡単
  • 授乳クッションとして使える

赤ちゃんの背中スイッチを作動させない

おやすみたまご 口コミ

おやすみたまごを使って一番よかった点は、赤ちゃんを抱っこからおろしても、そのまま寝てくれることです。

なぜなら私が寝かしつけで一番苦労したのが、抱っこからおろす瞬間だったからです。

2時間以上かけて抱っこで寝かしつけた後、お布団におろした瞬間に起きてしまい、また寝かしつけをする毎日でした。

「いつまで続くんだろう・・・」と私の疲労はピークに達していました。

赤ちゃんが安心して寝るには、お母さんのおなかの中にいた時のように、背骨をCカーブにしてあげることが必要だったのです。

平らな布団では、背骨が伸びてしまい「背中スイッチ」が入ってしまう原因になってしまいます。

おやすみたまごの中身はビーズクッションになっていて、中央が凹みます。

その凹みが、赤ちゃんの背骨をCカーブに保ってくれるのです。

大人用のビーズクッションよりは沈み込みすぎず、絶妙なかたさで「さすが赤ちゃんのために設計されたクッション!」と感激しました。

おやすみたまごのおかげでスイッチが作動せず、そのまま眠ってくれることが多くなりました。

赤ちゃんを抱っこからおろした後も、今までよりも長く寝てくれて本当に助かりました。

寝かしつけで赤ちゃんが起きてしまうのは、Cカーブが崩れるからなんだね。

持ち運びが簡単

おやすみたまご 口コミ

おやすみたまごは片手で持てるほど軽く、どこにでも持ち運べます。

ベビーベッドを使わなかったわが家では、リビングでの「赤ちゃんの居場所」としておやすみたまごが大活躍しました!

キッチンで家事をする時も、おやすみたまごを移動させ、いつでも赤ちゃんの様子をみられます。

簡単に持ち運べるから、赤ちゃんから目を離さず家事ができるよ!

授乳クッションとして使える

おやすみたまご 口コミ おやすみたまご 口コミ

おやすみたまごは授乳クッションとしても使えます。

私は特にミルクを飲ませる時に使用していました。

伸縮性がない側面部分を使うことで、赤ちゃんの頭が高くなるようにクッションを調整でき、安定してミルクを飲ませられるのです。

新生児のお世話が不安なパパでも、お世話が楽にできますよ。

側面を使うと、授乳時にもつかえるよ~

おやすみたまごのデメリット

おやすみたまごのデメリット

  • 熱がこもりやすい
  • クッションの中身が乾きにくい
  • おやすみたまごを卒業できるか不安になる

熱がこもりやすい

おやすみたまご 口コミ

夏場に数時間使用していると、クッションに熱がこもってしまい頭に汗をかいていました。

エアコンを涼しめに設定し快適な室温を一日中キープすることで、温まりすぎを防いでいました。

おやすみたまごのシリーズで「ひんやりミニブランケット」が発売されているので、併せて使うと暑さ対策に効果的です。

熱がこもりやすいから、対策してあげよう。

クッションの中身が乾きにくい

おやすみたまご 口コミ おやすみたまご 口コミ

おやすみたまごのカバーは取り外して、洗濯できます。

クッションの中身も水洗いできるのですが、全体を水に濡らしてしまうと数日間乾かないこともありました。

あらかじめ、おやすみたまごにバスタオルをひき、クッションの中身が汚れないように対策しました。

大量のお漏らしなどで、どうしても汚れてしまった時は、汚れた部分のみを水洗いしています。

全体を水に濡らさないことで、早く乾かせます。

中身は乾きにくいから注意してね。

おやすみたまごを卒業できるか不安になる

おやすみたまごでよく眠ってくれていたので、「このアイテムなしで寝かしつけできるだろうか・・・卒業して寝なくなったらどうしよう!」と不安に感じていました。

そうこうしているうちに、子どもが生後5か月になる頃には、手足の動きが活発になり、おやすみたまごからずり落ちてしまうことも増えてきました。

ついに卒業を決意したのですが、この頃には背中スイッチが作動することも少なくなり、寝つきもよくなっていました。

おやすみたまごがなくても、子どもは平らな布団で自分の好きな姿勢で寝られるようになりました。

成長とともに、おやすみたまごを卒業できました。

おやすみたまご 口コミ

赤ちゃんが卒業した後は、大人が使うクッションとして活躍しています!

卒業できるか心配していたけど、自然に卒業できたよ!

おやすみたまごの基本情報

本体サイズ(約) W68×D43×H19cm
重量(約) 1.1kg
素材 カバー:
 …楕円パイル生地(綿70%エステル25%/ポリウレタン5%)
 …帯部(綿100%)
 …プラスティックファスナー付き
クッション内:
 …ナノビーズ(ポリスチレンビーズ)
対象年齢 新生児~8ヶ月くらいのお子さま

5色のカラー展開と、タータンチェック柄、限定カラーなどバリエーションが豊富だよ!

おやすみたまごを購入すべき人

寝かしつけに苦労している人
ベビー用品の品質にはこだわりたい人
帰省先などで赤ちゃんの居場所づくりが必要な人
出産祝いのプレゼントを探している人

産後は寝不足で、本当につらい思いをしました。

長時間の寝かしつけのせいでいつもクタクタになり、育児に余裕が持てませんでした。

そんな時、おやすみたまごを使ったおかげで寝る時間ができて、本当に楽になりました。

産後の私を助けてくれた、正に「神アイテム」です!

寝かしつけが楽になって、育児のストレスが軽減されたよ~♪

まとめ

背中スイッチが作動しないので、赤ちゃんが起きにくい
軽いので持ち運びに便利
授乳時などさまざまな場面で使用できる

育児の中でとくに大変なのが寝かしつけですよね、「おやすみたまご」は抱っこからおろしても、赤ちゃんが起きてしまうのを防いでくれます。

持ち運びが便利なので、帰省先などに持っていけて便利ですし、赤ちゃんが卒業したあとは、普通のクッションとして使用できます。

みなさんも「おやすみたまご」をつかって大変な寝かしつけの負担を、少しでも軽くしてください。