【口コミ】スモルビ 抱っこ紐を実際に利用して感じたメリット・デメリット【新生児でも使える?どこの国製?いつまで使える?】

この記事で分かること

  • スモルビ 抱っこ紐の口コミ
  • スモルビ 抱っこ紐のメリット・デメリット

抱っこ紐は長時間の利用に向いている多機能タイプから、セカンド抱っこ紐に向いているタイプがあり、何種類かの抱っこ紐を併用されている方も多いですよね。

セカンド抱っこ紐にはとにかく軽量なことと、長く使えるものを求めている。

そんな人におすすめしたいのが「スモルビの抱っこ紐」です。

「スモルビ の抱っこ紐」は、布でできているスリングタイプの抱っこ紐なので、軽量で小さくたたんで収納できるので便利です。

また15キロまで使用できるので、長く使えるのもうれしいポイントです。

この記事では実際に「スモルビの抱っこ紐」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

軽量で長く使えるスリングタイプの抱っこ紐だよ!

スモルビ の抱っこ紐を実際に利用した口コミ

スモルビ抱っこ紐 口コミ

スモルビは、スリングタイプの抱っこ紐です。

新生児期から、赤ちゃんが最大20kgになるまで使用可能です(メーカー推奨は15kg)。

スリングタイプの抱っこ紐を使用していた友人の勧めで購入しました。

スモルビの抱っこ紐には、他の抱っこ紐にはない、「ヘッドサポート」が付いています。

スモルビ抱っこ紐 口コミ スモルビ抱っこ紐 口コミ

抱っこ紐の中ではお値段も安く、税込み5980円。

セカンド抱っこ紐にもおすすめです(^^♪

6000円で買えるから、手が出しやすいね!

スモルビ 抱っこ紐の利用者のネット上の口コミ

スモルビ 抱っこ紐のメリット

スモルビ 抱っこ紐のメリット

  • とにかく軽い
  • サイズ調節ができる
  • 赤ちゃんの乗せ降ろしが簡単
  • 寝かしつけの味方

とにかく軽い

スモルビは布でできているタイプのスリング抱っこ紐です。

バックルなどの細かいパーツがないため、とても軽く、本体だけならなんと204gと、スマートフォンとほとんど変わりません。

袋に収納すると、ここまでコンパクトになります。

スモルビ抱っこ紐 口コミ

普段からカバンに入れておけば、急に抱っこ紐が必要になった時にサッと取り出して使えます。

抱っこ紐自体が軽いので、長時間着用していても疲れません。

場所もとらないので、保管も便利です。

軽いから収納に便利で、長時間使っても疲れにくいよ~

サイズ調節ができる

スモルビ抱っこ紐 口コミ

スモルビは、サイズ調節が簡単です。   腰ベルトの長さを変更することで、簡単にサイズ調節ができます。

スモルビ抱っこ紐 口コミ

パパとママで抱っこ紐の共有ができるので便利です。

また、赤ちゃんの成長に合わせてサイズが調節できるのもありがたいですね♪

簡単にサイズ変更ができて便利だよ。

赤ちゃんの乗せ降ろしが簡単

スモルビは、伸縮性のある布の中に赤ちゃんを包み込むように入れて抱っこします。

柔らかくよく伸びるので、乗せ降ろしの際に赤ちゃんの手足に引っかかることもほとんどありません。

慣れるまでは時間がかかりますが、慣れてしまえば抱っこにかかる時間はほんの十数秒です♪

わたしは、車で頻繁に出かけるので、乗せ降ろしが楽チンなスモルビはとても重宝しています。

短時間の外出や、病院で診察室と待合室を行ったり来たりするような場面で活躍します。

サッと乗せ降ろしできるから、いろんな場面で活躍しているよ~

寝かしつけの味方

スモルビ抱っこ紐 口コミ

スモルビは、「カンガルーケア」と言って、お母さんと赤ちゃんの体がぴったりと密着するつくりになっています。

お母さんと体がくっつくことで、赤ちゃんは安心して眠れます。

また、マジックテープやファスナーなどの部品がないので、その音で赤ちゃんを起こしてしまう心配もありません

スモルビは、寝かしつけの強い味方です♪

音で赤ちゃんを起こさないので、助かってるよ。

スモルビ 抱っこ紐のデメリット

スモルビのデメリット

  • 安定感に欠ける
  • 腕が上がらない
  • ヘッドサポートの使用がむずかしい

安定感に欠ける

スモルビ抱っこ紐 口コミ

布だけで赤ちゃんの体を支えるので、やはり安定性は欠けてしまいます。

特に、赤ちゃんの体がしっかりしてくる前の新生児期は、赤ちゃんの体がグラついてしまうので、正直とても使いにくいと感じました。

個人的には、首がすわった4か月以降の使用がおすすめです!

また、長時間の使用やお出かけなどでよく歩く時も避けた方が無難です。

いつの間にか紐がずれて、赤ちゃんが落ちそうになってしまっていたこともあります(;^ω^)

家で寝かしつける時や、短時間のお出かけの時に使用するのが良いでしょう。

安定性にすこし不安が…首がすわる前や長時間の使用には気をつけてね。

腕が上がらない

スモルビ抱っこ紐 口コミ

スモルビは、お母さんの肩から腕にかけて包み込むようにして着用します。

ですから、着用していると腕を肩より上に上げられません。   抱っこ紐を使うと、両手が空くので家事が捗る!と思われる方もいますが、スモルビで抱っこしながら家事をするのはむずかしいかもしれません。   寝かしつけ用や、リラックスする時用の抱っこ紐として割り切って使用するのが良いでしょう。

腕が上がらないから、抱っこしたまま作業はむずかしいかな…

ヘッドサポートの使用がむずかしい

スモルビ抱っこ紐 口コミ

スモルビ、一番の特徴がこの「ヘッドサポート」ですが、個人的にはあまり使用していません。

付けると、視界が狭まるのが嫌なのか、息子の機嫌が悪くなってしまいました。

また、ヘッドサポートの付け外しがかなり面倒です。

赤ちゃんの寝かしつけでも、ヘッドサポートがあると、下ろすのがむずかしくなってしまいます。

好みにもよりますが、ヘッドサポートはなくても使えるので、わたしはなしで愛用していますよ♪

ヘッドサポートはつけなくても使えるよ~

スモルビ抱っこ紐の基本情報

重量 約180g(抱っこ紐のみ)、約100g(補助ベルト)
素材 ポリエステル90%、スパン10%、
ポリエステル
(背板メッシュ、サイズ調節ベルト、ヘッドサポートパッド)
耐重量 新生児から体重最大20kgまで

カラーは6色展開、補助ベルトが収納ポーチになるよ。

スモルビ抱っこ紐を購入すべき人

さて、スモルビ 軽量すやすや抱っこ紐のメリット・デメリットを踏まえた上で、この抱っこ紐をおすすめできるのは、

家と車の行き来などで、頻繁に赤ちゃんの乗せ降ろしをする人
赤ちゃんの寝かしつけで使用したい人
カバンに入れて持ち歩ける、コンパクトな抱っこ紐が欲しい人
パパとママで兼用したい人

です!

軽くてコンパクトなスモルビの抱っこ紐。

家の中でもお出かけの時でも、大活躍すること間違いなしですよ!

乗せ降ろしがラクで、音もならない設計だから寝かしつけに役立つよ~!

まとめ

軽量で折りたたんで収納できるので便利
マジックテープやファスナーがないので、赤ちゃんを音で起こす心配がない
赤ちゃんと密着して抱っこできるので、安心して眠ってくれる

「スモルビの抱っこ紐」は軽量でたたんで収納できるので、セカンド抱っこ紐にぴったりのアイテムです。

マジックテープやファスナーを使っていないので、音で赤ちゃんを起こす心配がなく、赤ちゃんとぴったり密着して抱っこできるので、寝かしつけする時に大活躍してくれます。

みなさんも軽量で扱いやすい「スモルビの抱っこ紐」をぜひつかってみてください。