【口コミ】ケラッタヒップシートを実際に利用したメリット・デメリット

この記事で分かること

  • ケラッタ ヒップシートの口コミ
  • ケラッタ ヒップシートのメリット・デメリット

抱っこ紐はベビーカーよりも身軽に移動できるので、人気を集めていますが、長時間の移動には作りがしっかりとした抱っこ紐が必要です。

しかし、作りがしっかりとした抱っこ紐は高額で、購入を迷ってしまいます。

そんな人におすすめしたいのが「ケラッタ ヒップシート」です。

「ケラッタ ヒップシート」は、5千円以下のリーズナブルな価格ながら、長時間の移動でも力を分散させて痛くなりにくい構造になっています。

年齢に合わせていろいろな抱き方ができて、大容量の収納付きでお出かけの荷物の負担も減らせます。

この記事では実際に「ケラッタ ヒップシート」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

6~36ヵ月まで、長く使える抱っこ紐だよ♪

ケラッタ ヒップシートを実際に利用した口コミ

ヒップシート 口コミ

出産の準備品を用意していた時に、悩んだのが抱っこ紐でした。

大手メーカーの抱っこ紐は価格が1万円以上の商品が多く、迷って決められません。

そんな時に、口コミで知ったのがケラッタ ヒップシートです。

実際に使ってみると、お値段以上の満足感で、ベビーも安心するのかスッと寝ることが多くありました!

抱っこ紐の価格面で悩んでいるパパママさんに、とてもおすすめな商品です。

大手メーカーの抱っこ紐に比べてリーズナブルで、迷いなく購入できたよ♪

ケラッタ ヒップシートの利用者のネット上の口コミ

ケラッタ ヒップシートのメリット

ケラッタ ヒップシートのメリット

  • 圧倒的なコスパ
  • 予想以上の収納量
  • 痛くないクッション
  • 洗濯機で洗える
  • 多様な使い方ができる

圧倒的なコスパ

新品でも千円台で買える点が、一番の決め手でした。

もし赤ちゃんに嫌がられても、成長してからヒップシートとして利用できるため、無駄な買い物にならないと考えました。

息子は嫌がらずにおとなしく座ってくれたため、赤ちゃん期から1,2歳頃までは使う予定です。

5千円以下で購入できて、ヒップシートとしても使えるから無駄にならないよ!

予想以上の収納量

ヒップシート 口コミ

ウエストポーチのような見た目ながら、おむつやおしりふきなどが余裕で収まります。

ヒップシート 口コミ
※おしりふきが残り少ないため2個入れています。

息子のミルクタイムと外出時間が重なりそうな時は、おむつとおしりふきに加えて、缶のミルクを入れて出かけています。

ヒップシート 口コミ

サイドにはポケットがついており、ガーゼやおしゃぶりなどを入れて使用しています。

おむつやミルク用のポーチを持たずに済むため、身軽な状態で外出できます。

大容量のポーチとサイドにも収納がついて、たくさんの赤ちゃんグッズを持ち運べるよ!

痛くないクッション

ヒップシート 口コミ

お値段が安かったため、ある程度は簡素な作りでも仕方ないと思っていました。

しかし、おなかや肩のベルトには、しっかりとしたクッションがついています。

そのため、長時間付けてもベルトが食い込みません。

特におなか部分のクッションは、指が深く沈み込むほどの厚みがあり、ウエストのベルトをしっかりと締めても痛くなりません。

ヒップシート 口コミ

肩ベルトのパッドも十分な厚さで、洗ってもヘタらずに使用できます。

しっかりとしたクッションで、長時間の移動でも痛くならずに快適だよ!

洗濯機で洗える

ヒップシート 口コミ

手洗いなどのこまごまとした作業が苦手で、ネットに入れて通常洗濯モードで洗っていますが、ヨレやヘタリもなく購入時の使い勝手を維持しています。

使用頻度が多く使用期間も長い商品のため、洗濯するハードルが低いのもありがたい点です。

洗濯機で丸洗いできて、お手入れが簡単だよ!

多様な使い方ができる

ヒップシート 口コミ

対面抱っこ
前向き抱っこ
おんぶ
ヒップシート

…として利用できます。

息子は先日初めて前向き抱っこデビューしましたが、景色が変わったためか興味津々に周囲を見まわしていました。

赤ちゃんの成長に合わせて、使い方を変えられるのもうれしいポイントです。

前向きと対面抱っこやおんぶ、ヒップシートと幅広い抱き方に対応しているよ♪

ケラッタ ヒップシートのデメリット

ケラッタ ヒップシートのデメリット

  • 対象月齢は6ヵ月から
  • たまに腰が痛くなる
  • 赤ちゃんが肩紐を口に入れる

対象月齢は6ヵ月から

ケラッタ ヒップシートは生後6〜36ヵ月向けに作られており、新生児期は使用できません。

そのため、わが家では6ヵ月を迎えるまでは別の抱っこ紐を使っていました。

出産直後から使用できませんが、生後6ヵ月からでも十分に使い倒せる仕様だと感じています。

新生児には使えないから、気をつけてね!

たまに腰が痛くなる

ヒップシート 口コミ

息子が大きくなるにつれて、抱っこ紐で外出時に腰が痛くなることがありました。

この点に関しては、公式サイトや購入時の紙のガイドを参照し「キツめにウエストを締める」ことで改善されました!

もし使用時に痛みを感じた場合は、これらを試してみることをおススメします。

腰が痛い場合は、ウエストをキツめに締めると改善するかも!

赤ちゃんが肩紐を口に入れる

ヒップシート 口コミ

息子だけかもしれませんが、対面抱っこの際に肩紐を口に入れてカミカミしています…。

おそらく生後6ヵ月頃だと座高が低く、肩紐が赤ちゃんの口元に当たるため、口に入れてしまうのだと思います。

この点は、肩紐にガーゼやカバーなどを付ければ、ある程度安心できますし、前抱っこの場合はそもそも口に入れられません。

また、対面抱っこで肩紐がヨダレで汚れても、ヒップシートと肩紐パーツは分解できるため、ポーチの中身を出さずに肩紐だけの洗濯が可能です。

対面抱っこで肩ひもを、赤ちゃんが口に入れてしまうかも…カバーなどを付けると安心だよ♪

ケラッタ ヒップシートの基本情報

商品名 4weyヒップシート
対象年齢 6カ月~36カ月まで
推奨耐荷重 15kgまで
サイズ ウエスト最大100cmまでベルト調節可
重量 500g

3色のカラーから選べるよ!

ケラッタ ヒップシートを購入すべき人

大手メーカーの抱っこ紐は価格が高いと感じている人
子どもが成長しても使える抱っこ紐がほしい人
抱っこ紐をなるべく簡単に洗濯したい人
外出時に両手を空けたい人

ケラッタ ヒップシートは本当に使い勝手が良いので、ベビーカーが苦手な自分でも気軽に息子とお散歩できるようになりました。

長く使えて、お手入れも簡単な抱っこ紐だよ!

まとめ

4種類の抱き方に対応できて、年齢に合わせて長く使える
大容量のポーチとサイドの収納で、赤ちゃんグッズを入れて持ち運べる
洗濯機で丸洗いできてお手入れが簡単

「ケラッタ ヒップシート」は、前向きと対面抱っこ、おんぶとヒップシートと4種類の抱き方に対応できて、年齢に合わせて長く使えます。

大容量の収納がついて赤ちゃんグッズなどを簡単に持ち運べて、洗濯機で丸洗いできてお手入れも簡単にできます。

みなさんも、5千円以下のリーズナブルな価格で購入できる「ケラッタ ヒップシート」を、ぜひ試してみてください。