アーチレインボー類似品7選!【正規品との違いも解説!】

アーチレインボーの類似品7選を紹介!

アーチレインボーはドイツの知育玩具メーカーのグリムス社が販売する、虹色のアーチ型の積み木。

そのアーチレインボーに類似した商品は多数見つけることができます。

アーチレインボーと類似品のにはどのような違いがあるのでしょうか?

アーチレインボー類似品のおすすめ7選と正規品との違いについて解説します。

アーチレインボーの類似品7選を紹介!

アーチレインボーにはいくつか類似品があります。

中でもおすすめの類似品7選について紹介します。

Mamimami Homeシリコン製虹の積み木

Mamimami Homeの虹の積み木はレインボーカラーになっている10層の積み木。

アーチレインボーと同じような形状ですが、色は10層でシリコンで作られています。

遊び方はアーチレインボーと同じように、組み替えたり、バランスをとって並べたり自由自在です。

考えながら遊ぶ力をはぐくむことができます。

シリコン製の特徴である、丸洗いができるので子供が遊んでいて汚れても、安心です。

sharprepublic木製パズル 虹色トンネル

sharprepublicの虹色トンネルは、12色のカラーの木製のブロックです。

カラーリングがアーチレインボーの正規品とは異なります。3色で展開しており、木目を生かしたカラーリングもあります。

アーチを描くブロックは子どもの想像力を掻き立て、遊び方は無限大です。

小さな子供でも遊べるサイズ感なので贈り物にも適しています。

アーチレインボーよりもリーズナブルな価格が魅力的です。

Wooden Teetherシリコン製虹色積み木

Wooden Teetherの虹色積み木はカラーリングが多彩です。

すいか、ブラウン、マカロンなど、個性豊かなカラー展開は目にも楽しくなります。

6~10ピースと、アーチレインボーより少ないパーツで構成されており、小さな学齢の子どもでも遊びやすい構成です。

シリコン製なので洗うことが可能な上に、抗菌性も高く作られています。

しかも、高温消毒がOKです。

価格も抑えられているので、プレゼントにも最適と喜ばれます。

ネフ社 積み木 アークレインボー

スイスのネフ社のアークレインボーはデザインの美しさ、そして工業製品としても高い評価を得ているアーチ状の積み木です。

バランス感覚を楽しむ積み木としてだけでなく、カーブを使って付属のばちでたたくことで、音を奏でることができます。

積み木として、また、木の素朴な音を楽しむ楽器として両方の楽しみ方ができるオモチャです。

ネフ社のアークレインボーには、バチと丸い玉が付属してあるので、他のアーチ状の積み木に比べて、遊び方の幅が広がります。

let's make 虹の積み木シリコンパズル

let's makeの虹の積み木は10ピースでできたシリコン製の積み木です。

幼児の手にもピッタリなサイズ感なので、小さな学齢からでも遊ぶことができます。

シリコン製なので、丸洗いができるのも嬉しい特徴です。

無毒無臭なので、万一子供が口に入れても安心な素材で作られています。

鮮やかな発色で視覚的にも刺激される、多機能なおもちゃです。

積み重ねて遊びながら、幼いころから教育的な体験をすることができます。

certainoly レインボースタッキング木製レインボースタッカー

幼児期の感覚の教育として適しているアーチ状の積み木です。

ほかのアーチ型の積み木に比べ、アーチがカタツムリが特徴のデザインになっています。

アーチを組み替えたりして遊びながら、上ったり歩いたりすることを学ぶことができるのが特徴です。

カラーリングも淡い色なので、部屋に置いても、優しい雰囲気になります。

stallry 虹の積み木

とてもシンプルな構成の、6色の虹色が鮮やかなアーチの積み木です。

ビビッドなカラーで、遊びながら視覚的にも刺激をします。

人にも環境にも優しい塗料を使っているので子供にも安心です。

バランス感覚や遊びながら指先を鍛えます。

組み合わせ方次第で多様な遊び方が可能です。

天然の木でできており、一つ一つが職人の手で作られています。

アーチレインボーの正規品とは?

アーチレインボーとはグリムス社の販売する、虹色のアーチ状の積み木です。

ドイツの知育玩具メーカーのグリムス社は木を原材料としたオモチャを多数販売しており、世界各国で人気があります。

グリムス社ではシュタイナー教育に基づいてオモチャを製作しており、遊びながら子どもの五感を刺激できるようなオモチャが特徴です。

アーチレインボーは12ピースでできており、小から特大まで、様々なサイズ感で展開しています。

学齢に応じた大きさで楽しむことができるので、幅広い年齢で遊びながら学ぶことが可能です。

カラーリングは12色の虹色のほかに、パステルカラーやモノクロもあり、部屋や子どもの個性に合わせてデザインを選ぶこともできます。

シンプルながら、調和のとれた色合いで、子どもの多彩な視覚を刺激し、豊かな感覚教育に最適です。

アーチレインボーの類似品と正規品の違い

グリムス社のアーチレインボーと他社の類似品にはどういった違いがあるのでしょうか?

色味や素材についても比較してみます。

素材【木製とシリコン製】

グリムス社のアーチレインボーは、木製で、1つの木から切り抜いて作られています。

そのため、それぞれのパーツの素材の手触りや、木目が異なり、硬度や重さも個体差があるのが特徴です。

一方で、他社製類似品のアーチ状の積み木は、シリコンで作られていることがあります。

シリコンは木とは違い、腐敗する心配がありません。

また、もしも子どもがなめてしまったり汚れたりしても、シリコンでできているので、丸ごと水で洗い流すことが可能です。

子どもにも安心の素材でできているので、木のものと同様に安全に遊ぶことができます。

多彩な カラーリング

アーチレインボーは12色のカラーリングのほかに、淡い色のパステルカラーやモノクロもあります。

類似品は、カラーリングが異なり、各社によって特徴的。

レインボーカラーのほかに、スイカやブラウンなど、会社によって個性のあるカラーリングのものもあります。

メーカーによって異なるので、部屋の雰囲気や、子どもの個性でカラーリングを選ぶことができるのも楽しみです。

値段

アーチレインボーの正規品は大、特大のサイズだと10,000円を超える価格帯です。

しかし、類似品の多くは、比較的安価な価格設定であり、子どものプレゼントとしても取り入れやすいことがあげられます。

安いからと言って質が劣るものばかりではなく、リーズナブルに抑えられていながら、良質なものを手に入れることも可能です。

価格だけでなく、サイズや素材も比較して購入することができます。

サイズ

正規品のアーチレインボーはサイズ展開が

・小 ・大 ・特大

と3サイズあります。

小は10.5cm×4cm×5.5cmと手のひらに乗るようなサイズ感で、子どもの手にも馴染みやすくなっています。

一方で、特大は幅が38cmもあり、小さな子供が通り抜けられるほどの大きさです。

類似品のサイズはメーカーによっても様々。

手の中に納まるような小さなものから、子どもがくぐって遊べるようなサイズまであります。

基本的に値段とサイズが比例するので、購入するサイズは、価格と希望のサイズをよく確認することが重要です。

まとめ

アーチレインボーは正規品以外にも類似品がいくつかあり、それぞれ様々な特徴があります。

素材や色味、サイズ感と価格を比較しながら、どういったものが望ましいのかを良く検討して、購入しましょう。

アーチレインボーは遊びの中で子どもの知育、感覚の発育の促進に役立ちます。

プレゼントとしても人気の高いアーチレインボー積み木は、色々な商品を比較して選択するのが良いですね。