【口コミ】アンパンマン カラーパッドミニを実際に利用したメリット・デメリット

この記事で分かること

  • BANDAI アンパンマン カラーパッドミニの口コミ
  • BANDAI アンパンマン カラーパッドミニのメリット・デメリット

子供に言葉を学んでほしいけど、まだペンが持てない子供だと、なかなか難しいですよね。

小さい子供が楽しみながら、言葉に興味を持てるおもちゃを探している。

そんな人におすすめしたいのが「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」です。

「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」は、指でタップすると音声が流れて、楽しく言葉で遊べます。

ペンで操作が必要ないので、小さな子供でも扱いやすく、コンパクトで持ち運びにも便利です。

この記事では実際に「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

子供が大好きなアンパンマンデザインの、かわいいiPad型おもちゃだよ♪

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニを実際に利用した口コミ

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」は、子供が1歳半の時に肺炎で7日間入院した際に、大活躍したおもちゃです。

「1歳の子供を7日間安静にさせるためのおもちゃが必要だ」と思いこのおもちゃを購入しました。

アンパンマンと一緒に言葉を覚えたり、歌をうたったり、クイズに答えたり、いろいろなモードで遊べるのでわが子は夢中で遊んでいました。

そして、退院後も子供の一番のお気に入りアイテムになっています。

自宅でも外出先でも手軽に遊べて、大人にとってもたくさんのうれしいポイントがある、とてもおすすめのおもちゃです。

このおもちゃ一つでいろいろな遊び方ができるよ!

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニの利用者のネット上の口コミ

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニのメリット

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニのメリット

  • 5種類のモードで飽きずに遊べる
  • 遊びながら言葉の勉強や記憶力の訓練ができる
  • コンパクトでお出かけに便利

5種類のモードで飽きずに遊べる

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」は、子供が一人でも飽きずに長く遊べます。

1枚のイラストがあるだけの、とてもシンプルなおもちゃなのに、5種類ものモードがあるからです。

アンパンマンのテーマ曲が流れる
アンパンマンが言った4つの言葉のイラストを順番にタッチする
キャラクター同士を指でスライドすると、あいさつフレーズが流れる
名前を当てる「〇〇はどこかな?」というクイズ
タッチしたイラストの名前を読み上げてくれる

この5種類のモードに分かれており、それぞれのモードの中で、さらに何パターンもの音が流れます。

iPad型のおもちゃなので、静かに座って遊べる点も、親としては安心できるポイントです。

5つのモードとたくさんの音声で飽きずに長く遊べるよ♪

遊びながら言葉の勉強や記憶力の訓練ができる

指でイラストをタッチすると、キャラクターや動物の名前、あいさつフレーズなどの音声が流れてきます。

繰り返しタッチして音声を聞くことで、わが子は自然に言葉を覚えていました。

また、アンパンマンがしゃべる4つの言葉を、順番通りに指でタッチするモードはとても集中力が必要です。

4つの言葉を瞬時に覚える必要があり、かなり記憶力が鍛えられます。

正解するとアンパンマンがほめてくれる点も、子供にとってうれしいポイントです。

クイズやゲームモードで遊びながら言葉を勉強できるよ!

コンパクトでお出かけに便利

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

子供とお出かけの際、子供のおもちゃは結構場所をとりますよね。

「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」は軽くて、薄いので持ち運びにとても便利です。

大きさは、はがきよりもひとまわり大きなサイズで、厚みは漫画1冊分ほどです。

また、画面は液晶ではないので、慎重に扱う必要がなく、かばんの中に無造作に入れられます。

持ち運びやすいサイズで、画面が割れる心配もなく安心!

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニのデメリット

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニのデメリット

  • 音量調節ができず、音がかなり大きい
  • 放置したときの音がうるさく、電源OFFモードになるのが早い
  • うまく指で押さないと反応しない

音量調節ができず、音がかなり大きい

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

音が出るおもちゃですが、音量調節機能がないのでやや不便です。

音は本体の左上から出るのですが、かなり大きい音です。

普段家で使ったり、車の移動で使うなどは問題ありませんが、静かな公共の場所では使いづらいかもしれません。

音が出る部分にマスキングテープなどを貼ると、少し音が抑えられますよ。

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

音が大きめで音量が調節できないため、静かな場所での使用は注意してね!

放置したときの音がうるさく、電源OFFモードになるのが早い

15秒放置しただけで「タッチしてね」という大きな音が流れます。

その後も15秒ごとに合計3回「タッチしてね」と音がなり、そのあと電源が自動で切れます。

1分遊ばないだけで電源が切れて次に遊ぶときに、また電源ボタンを押す必要があるので少し面倒に感じます。

しかし、電源OFFモードになるのが早いのは、電池の節約になると考えれば気になりません。

自動で電源OFFモードになるけど、それまで何度も音声が流れるよ…

うまく指で押さないと反応しない

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ 口コミ

指でイラストを押すとミニパッドが反応します。

最初の頃に子供はどのくらいの強さで押すと反応するか分からず、指で押しても音が出ないことがありました。

また、イラスト画面の中でも反応する部分としない部分があります。

わが子は反応しないイラストの部分を、一生懸命押して「反応しない!」とよく怒っていました。

しかし、子供もすぐに使い慣れて、押す強さや位置が分かると、ストレスがなく遊べるようになりました。

慣れるまでは押す力や、音が鳴る場所が分かりづらいかも…

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニの基本情報

対象年齢 2歳以上
使用電池 単4アルカリ×2本(別売)
重量 191 グラム

2歳以下でも遊べるアンパンマンの知育パッドも販売されているよ!

BANDAI アンパンマン カラーパッドミニを購入すべき人

子供とのお出かけが多い人
家事や在宅ワークのため、子供をひとりで遊ばせたい人
タッチペンを使わずに、子供に少しずつ言葉を覚えさせたい人

コンパクトで飽きずに長く遊べるというメリットは、お出かけの多い人にとっては嬉しいポイントですよね。

また、お出かけの時だけでなく自宅でも大活躍してくれます。

子供がこのおもちゃで座って集中して遊んでくれていると、家事や在宅ワークの際にとても助かります。

そして、指でタッチするタイプのおもちゃなので、ペンが持てない月齢の子でも簡単に遊べます。

1歳半から2歳くらいで、アンパンマンに興味がある子供に遊ばせると、気軽に楽しく言葉遊びができますよ。

集中して遊んでくれるので、子供の一人遊びにぴったりのおもちゃだよ!

まとめ

5種類のクイズやゲームで遊べるモードがあって飽きずに長く遊べる
ペンを持てない子供でも遊べる、言葉が学べる知育玩具
コンパクトサイズで持ち運びや外出時に便利

「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」は、クイズやゲームなどで遊べる5種類のモードがあって、音声の種類も豊富で子供が飽きずに長く遊べます。

ペンを使わず指で押すだけなので、小さな子供も遊びやすく、自然に言葉に触れられます。

みなさんも「BANDAI アンパンマン カラーパッドミニ」をつかって、子供に言葉を勉強させてあげてください。