【口コミ・評判】小学館の図鑑NEOPadDXとの違いは?対象年齢は?

この記事で分かること

  • 小学館の図鑑NEOPadDXの口コミ
  • 小学館の図鑑NEOPadDXのメリット・デメリット

子供はさまざまなことに興味を持ち、親に質問してきますが、大人が答えを知らない場合は困ってしまいますよね。

そんな時に便利なのが図鑑ですが、紙製の図鑑は大きいため場所をとってしまい、何種類もの図鑑を集めるのは大変だと思います。

そんな人におすすめしたいのが「小学館の図鑑NEOPadDX」です。

「小学館の図鑑NEOPadDX」は、タブレット型の電子図鑑で、子供が興味をもつ分野の図鑑が6種類も入っています

図鑑以外にもゲームや文字の練習ができるのも、うれしいポイントです。

この記事では実際に「小学館の図鑑NEOPadDX」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

たくさんの図鑑の内容が、タブレットにつまっているよ~

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

5歳の誕生日プレゼントとして購入したのが、この小学館の図鑑NEOPadDXです。

子供の「これはなに?」「なんで?」という、知識欲を満たすのにピッタリなのは図鑑です。

1歳頃までは、ザックリとした内容が載っている、子供向けの図鑑絵本を買っていました。

しかし、情報量が多い分厚い図鑑を、たくさん置くスペースがないと困ってしまいます。

そんな時、小学館の図鑑NEOPadDXを見つけ、電子図鑑なので情報はたっぷりでもコンパクトなところに惹かれて購入しました。

子供の大好きなタブレットとタッチペンに、まだあまり物事を理解していない2歳児も興味津々です。

収納スペースが少なくてすむから助かっているよ~

小学館の図鑑NEOPadDXの利用者のネット上の口コミ

小学館の図鑑NEOPadDXのメリット

小学館の図鑑NEOPadDXのメリット

  • 見たいものをわかりやすく探せる!
  • コンパクトで置き場所に困らない!
  • 遊びながら学べるゲーム機能も充実!

見たいものをわかりやすく探せる!

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

たくさんのことに興味が向く子供は、動物、植物、虫など、さまざまなことを尋ねてきます。

もちろん答えられる範囲で教えてあげますが、それにも限界があります…

それぞれの分野の図鑑を買うにしても場所をとる上に、図鑑はなかなかのお値段ですよね!

そんな悩みを解決してくれたのが、小学館の図鑑NEOPadDXでした。

小さなタブレットの中に全部で700種類の図鑑がつまっています。

図鑑は大きく6つ。

どうぶつ(動物)
こんちゅう(昆虫)
さかな(魚)
きょうりゅう(恐竜)
はな(花)
きけんせいぶつ(危険生物)

子供がよく興味をもつラインナップですよね。

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

図鑑を選ぶと

▼あいうえお ▼なかま ▼おおきさ

上記3つの分類で並び替えもできますし、全体からキーワード検索もできるので、自分が見たいと思っている内容にたどりつきやすくなっているから助かります!

いろいろな情報がまとまっているから、知りたいことが探しやすいよ~♪

コンパクトで置き場所に困らない!

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

厚さ1.5cmほど、大きさもA5用紙と同じくらいなので収納を圧迫しないのが本当にありがたい!

本1冊分程のスペースで保管できます。

子供のリュックにも簡単に入るので、お出かけに持っていくこともできちゃいます。

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

しかも310グラムと軽く、子供でも持って歩きやすいので、動物園や公園などで本物の動物や昆虫などをカメラ機能で撮影するという楽しみ方もできてオススメです。

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

持ち運びできるから、外出先でもすぐに調べられるよ~

遊びながら学べるゲーム機能も充実!

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

図鑑機能の他にゲーム機能もあり、文字をなぞって練習したり、算数遊びや時計などの、さまざまなゲームができるので、自然に遊びながら学べます。

名前あてゲームなどは、図鑑を見て得た知識を得意げに披露してくれる、子供のかわいい一面を見るられますよ♪

なんと全100種類ものゲームがあるので、小さい頃から大きくなるまで、ずっと成長に合わせて遊べます!

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

ゲーム機能もついているよ!

小学館の図鑑NEOPadDXのデメリット

小学館の図鑑NEOPadDXのデメリット

  • ついつい遊びすぎてしまう
  • タッチペンの紛失に注意
  • 収録内容が限られている

ついつい遊びすぎてしまう

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

液晶画面をじっと見続けるので、やはり目への負担などが気になってしまいます。

無理矢理取り上げると泣いてしまうこともあります…。

しかし、遊びすぎないように遊ぶ時間を設定できるので、子供と相談して30分などに設定しておくといいですね!

遊びすぎないよう、時間を設定できるよ。

タッチペンの紛失に注意

小学館の図鑑NEOPadDXを実際に利用した口コミ

付属のタッチペンは1本しかないので、失くしてしまうと大変です。

子供は興味が移ると遊びかけのまま、他のもので遊びだすことも多いので、小さなタッチペンは家具の下などへ転がって行ってしまい見失うこともあります。

ただタッチペンは本体にきちんと収納できるので、使ったらすぐに片付ければ、紛失を防げます。

心配な場合はタッチペンの先に穴が開いているので、その穴に紐を通して本体とつなげておくと安心です。

タッチペンをなくさないように、対策してあげてね。

収録内容が限られている

700種類の図鑑が収録されているとはいえ、やはり書籍の図鑑に比べて、情報数は少なくなります

また大分類も6つなので、

どうぶつ
こんちゅう
さかな
きょうりゅう
はな
きけんせいぶつ

これ以外のことが知りたい時は、別の図鑑が必要になります。

ただ、興味を持ちやすいカテゴリーは含まれているので、とくに問題はありません。

内容が限られているから、別の図鑑も使っているよ。

小学館の図鑑NEOPadDXの基本情報

対象年齢 3歳~
パッケージサイズ W300×H210×D60mm
電池 その他リチウムポリマー電池×1(内蔵)
商品内容 本体(1)、タッチペン(1)、USBケーブル(1)、取説説明書(1)

充電に便利な専用アダプターが、別売りされているよ~

小学館の図鑑NEOPadDXを購入すべき人

子供の「なぜ?」「なに?」にしっかり対応したい人
収納場所が少ないが図鑑を与えたいと思う人
子供の探求心を満たしてあげたい人
自分で楽しく学んでほしいと考える人
本物の写真や正しい知識にたくさん触れさせたいと思う人
長く使えるプレゼントをあげたい人

子供の「なに?」「なんで?」に答えられずに、ごまかしてしまうこともあると思います。

小学館の図鑑NEOPadDXは、子供と親が一緒に楽しく学べるので「動物園であの動物はこうだったね~」と盛り上がれます。

自分で撮った写真が登録できるので、ぜひお出かけをたくさんして、自分の目で見たもので図鑑作りにチャレンジしてみてください!

撮った写真を登録しておけば、思い出に残るよ♪

まとめ

6種類の図鑑が1つにまとまっているので、場所をとらず調べやすい
図鑑以外にゲームや、文字の練習機能がついている
自分で撮影した写真で、オリジナル図鑑が作成できる

「小学館の図鑑NEOPadDX」は6種類の図鑑がひとつになっていて、子供が疑問に思った時にすぐ調べられます。

また、タブレット型の図鑑なので、コンパクトで場所を取らず、ゲームができるなど、子供が楽しめる機能が満載です。

みなさんも「小学館の図鑑NEOPadDX」をつかって、子供の「なに?」「なんで?」を解消してあげてください。