室内ジャングルジムはいらない?実際に購入して分かったデメリット

この記事で分かること

  • 室内ジャングルジムの口コミ
  • 室内ジャングルジムのメリット・デメリット
  • 室内ジャングルジムの選び方

室内ジャングルジムは、子供に自宅にいながら運動をさせられるため、コロナ禍で外出がなかなかできない状況で購入を検討されている方が多いのではないでしょうか?

室内ジャングルジムは広い設置スペースが必要で、さまざまな機能がついたアイテムは、それだけ組み立ても複雑になります。

室内ジャングルジムを購入する時は、自宅に合ったサイズや設置スペースとのかね合いなど、よく考えて購入する必要があります。

この記事では実際に室内ジャングルジムを購入して感じたメリット・デメリット、室内ジャングルジムを選ぶポイントなどを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

室内ジャングルジムはサイズやデザインを、よく考えて選ばないと後悔することも…

室内ジャングルジムはいらない?実際に購入して分かったデメリット

室内ジャングルジムのデメリット

  • 一部屋占領する
  • 掃除にひと手間かかる
  • すべり止めがない
  • 成長すると物足りなくなる?
  • インテリアを邪魔する?

一部屋占領する

室内ジャングルジム いらない

わが家は、長男の1歳の誕生日プレゼントとして、ジャングルジムを購入しました。

実際に家で組み立ててみると、想像していた以上に、「お、大きいな」と思ったことを覚えています。

鉄棒、ブランコ、滑り台などジャングルジム以外の機能が付いているものは、特に圧倒的存在感があります。

折りたためるタイプのものでも、結局は面倒くさくなって出しっぱなし、という声をよく耳にしませんか?

はい、わが家も4年間で一度も折りたたんでいません!

折りたたみできるタイプでも、結局出しっぱなしになってるよ…

掃除にひと手間かかる

室内ジャングルジム いらない

ジャングルジムは掃除がしにくいので大変だと感じます。

なぜなら、掃除機をかける時、ジャングルジムを持ち上げる必要があるからです。

ただ、プラスチック製や紙パイプ製のものは非常に重い、という訳ではありませんので、女性でも簡単に持ち上げられますよ。

掃除の時に持ち上げる必要があるよ。

すべり止めがない

子どもが勢いよく登ると、ずれて動くことがあります。

ジャングルジムには、すべり止めが付いていないものが多く、少しの振動でも動いてしまいます。

プレイマットやラグなどを下に敷いておくと、万が一落下してしまった際のクッションとなるので良いですね。

滑って動かないように対策してね。

成長すると物足りなくなる?

室内ジャングルジム いらない

現在4歳の長男は「ぼく、もっと高いの、のぼれるよ!」とのことで、ちょっと物足りないようです。

一番高いところで3段のジャングルジムを買いましたが、わが家はやんちゃな男の子が2人いるので物足りなさを感じているのだと思います。

4段のタイプでも良かったかなと、今は少し後悔しています。

低いので、成長すると物足りなくなるかも。

インテリアを邪魔する?

派手すぎる色味だとほかのインテリアとの調和が取れず、かなり浮いてしまいます。

リビングとつながった部屋には置きたくない、という方が多いのではないでしょうか。

実際、リビングの隣にある和室に置いていた時期もあったのですが、ジャングルジムだけは隠せず、あまりに派手で目立つので、別の部屋へ移動させました。

カラフルなジャングルジムは、インテリアに馴染まず浮いてしまうよ。

室内ジャングルジムは部屋に置くと狭い?必要なスペースは?

室内ジャングルジム いらない

わが家には、滑り台(鉄棒にもなる)、ブランコ、ジム機能のついた大きなジャングルジムがあります。

6畳の部屋だと、ソファを置いてもまだ余裕がありますね。

周りにほかのおもちゃがあると遊びにくいので、最低でも3〜4畳くらいのスペースは必要だと感じています。

ジャングルジムを置いている部屋は、ほぼジャングルジム専用の部屋になっています。

ジャングルジムを設置する部屋は、子供の遊び専用部屋にしてしまおう。

処分に困る?処分方法は?

ジャングルジムほど大きいものを処分するとなると、どう処分すれば良いのかわかりませんよね・・・

粗大ごみなのか、解体して一般ごみとして出せるのか、自治体のルールを確認する必要がありますね。

また、不用品回収業者に依頼をしたり、送料が気になるところですが、フリマアプリなどを利用しても良いでしょう。

あらかじめ処分方法を調べておくといいよ。

重要!室内ジャングルジムの選び方

室内ジャングルジムの選び方

  • キャラものかシンプルか?デザインの選び方
  • ジャングルジムと部屋のサイズを測って購入しよう!
  • 組み立て方法も把握しておく

キャラものかシンプルか?デザインの選び方

子どもは、やはりアンパンマンなどキャラクターものが大好きですよね。

しかし、想像してみてください。

キャラクターが書かれている大きなジャングルジムが、お部屋を占領していたら・・

おしゃれな部屋を好む親からしたら、置きたくないというのが本音ではないでしょうか。

今はおしゃれな木製のものや白のシンプルなものもたくさんありますので、一度検討してみてはいかがでしょう?

インテリアに馴染みやすいシンプルなデザインも販売されているよ~

ジャングルジムと部屋のサイズを測って購入しよう!

ジャングルジムのサイズを必ず確認し、家に置けるか購入前に測りましょう。

広い店内に完成形が展示されていると、実際のサイズより小さく見えてしまいます。

お部屋のドアやほかの家具と干渉しないかどうかも要チェックです。

来客がある時に隠したい場合は、折りたためるものを選ぶと収納スペースが少なくて済みますよ。

サイズはしっかり測って購入しよう!

組み立て方法も把握しておく

ほとんどのジャングルジムは組み立て式なので、苦手な人には簡単に組み立てられるものが良いでしょう。

ブランコなどが付いている大きなものだと部品が多かったり、ドライバーなどの工具が必要だったりと、なかなか手間がかかります。

得意な人にお願いしたり、複数人でやっても良いでしょう。

苦手な人は組み立てやすいアイテムを選ぼう。

室内ジャングルジムを購入して感じたメリット

室内ジャングルジムのメリット

  • 功を奏した、体力消耗作戦
  • 長い期間使える
  • 考える力&想像力がつく

功を奏した、体力消耗作戦

悪天候で外出が出来ない日にも、子供がたっぷり体を動かせます。

登り降りすることで手足が鍛えられ、体力を消耗するので夜の寝つきが早くなりました!

そして、夜はぐっすり寝てくれます。

私が一番買ってよかったと思うポイントです。

家の中で運動できるから、寝つきがよくなったよ~♪

長い期間使える

室内ジャングルジム いらない

大型でさまざまな機能がついたジャングルジムを購入すれば、長い期間遊べます。

トイパネルが付いたものだと、0歳児が座ったまま、押す・回す・つまむなど手指を使った遊びができるようになっています。

鉄棒が付いていれば、前回りや逆上がりの練習もできるので、4・5歳頃まで長く使えますよ。

成長してからも、長く使えるのはうれしいよね。

考える力&想像力がつく

室内ジャングルジム いらない

どこを持って、どこに足を置けば登れるのか、考えながら進む必要があるため、自分で考える力が自然に身に付きます。

また、わが家の長男は、

滑り台にミニカーを並べて、レース
布団をかけて屋根に見立て、秘密基地
ぬいぐるみと一緒に保育園ごっこ

などでも遊んでおり、想像力が豊かな子に育っています。

自分で考えて、さまざまな遊びに活用しているよ~

室内ジャングルジムを購入すべき人

子どもの寝つきの悪さをなんとかしたい人
子どもの運動能力を向上させたい人
子どもの想像力を鍛えたい人
コロナで公園に行くことを、躊躇している人

室内ジャングルジムが、わが家にやってきて以来、ほぼ毎日遊んでいるのではないかと思うくらい、使用頻度の高いものとなっています。

体幹が鍛えられたからか、公園の大きなジャングルジムをものすごいスピードで登れるようになりました。

子どもの運動不足が解消でき、「本当に買ってよかった!」室内遊具です。

毎日遊んでくれて、運動不足も解消できたよ~♪

まとめ

子供の運動不足解消になる
子供が体の動かし方を自分で考える力がつく
自宅に合ったサイズを選ぶなど注意が必要

室内ジャングルジムは、自宅でジャングルジムができるので運動不足が解消され、夜もぐっすり眠ってくれ、コロナ禍で外出できないストレスの解消にひと役買っています。

しかし室内ジャングルジムは、設置スペースに合ったサイズ選びや、インテリアに合うかなど事前に考えて購入しないと後悔してしまうこともあります。

みなさんも、自宅にぴったりの室内ジャングルジムを選んで、子供を遊ばせてあげてください。