【口コミ】コンビクイックおしりふきウォーマーを実際に使用したメリット・デメリット

この記事で分かること

  • コンビクイックウォーマーの口コミ
  • コンビクイックウォーマーのメリット・デメリット

冬場のおむつ替えは、赤ちゃんに寒い思いをさせたくない!と気をつかう場面も多いかもしれません。

おしりふきも冷たいものを使うのはヒヤッとしてかわいそうになってしまいますよね。

そんな時は、「コンビクイックウォーマー」でおしりふきを温めておけば、拭いた時にヒヤッとすることがないので快適。

冬以外にも重宝しますよ。

この記事では、コンビクイックウォーマーの口コミと、使ってみて感じたメリットとデメリットをご紹介します。

コンビクイックウォーマーを実際使ってみた口コミ

コンビクイックウォーマー 口コミ

初めての出産準備で訪れた赤ちゃん用品店で見かけたコンビクイックウォーマー。

1人目の子が冬生まれということもあり、冷たいおしりふきで拭くのはヒヤッとして良くないなと思い、購入しました。

実際に使ってみると、人肌ほどの温かさになっていて子どもがおしりを拭かれることを嫌がることはありませんでした。

ほどよい温かさになり季節関係なく使えて便利だったので、もう1個購入して1階用と2階用にして使用していたほどです。

赤ちゃんに快適なおむつ替えをしてあげたい方にオススメです。

冬には特におすすめ!おしりふきをほどよく温めてくれる

コンビクイックウォーマーの利用者のネット上の口コミ

コンビクイックウォーマーのメリット

コンビクイックウォーマーのメリット

  • いつでも温かいおしりふきで拭ける
  • おしりふきのセットの仕方が簡単
  • おしりふき2パックが丸ごと収まる

いつでも温かいおしりふきで拭ける

コンビクイックウォーマー 口コミ

コンビクイックウォーマーに市販のおしりふきをセットし、コンセントに挿しておくだけで常時人肌の温かいおしりふきが使えます。

赤ちゃんのおむつ替えの頻度は1日に何回もあり、その度に冷たいおしりふきで拭いてあげるとヒヤッとしますよね。

特に赤ちゃんの便は緩いので少しでも気づかずにいると広がってこびり付いて大変なことに。

そんな時でも温かいおしりふきだとこびり付いた便も拭き取りやすく、おしりふきの消費枚数も冷たいものを使用するより減らすことができます。

親としても経済的に助かりますよね。

こびりついた便でも温かいおしりふきなら拭き取りやすく、何枚も使わなくてもしっかり拭けて経済的

おしりふきのセットの仕方が簡単

コンビクイックウォーマーにおしりふきをセットするのも簡単です。

コンビクイックウォーマー 口コミ

まずボタンを押して開けます。

次に内蓋のつまみを持ち上げます。

コンビクイックウォーマー 口コミ

おしりふきのサイズが入るまで押し込みセットします。

最後に順番に蓋を閉めてセット完了になります。

コンビクイックウォーマー 口コミ

おしりふきが減ってくると重みで下がっていた両サイドのストッパーが上がってくるので、いつでも取り出しやすいです。

2人目が生まれてからは2歳の上の子がお手伝いでおしりふきのセットをしてくれていたほど、手順は簡単。

2歳でもセットできるほどの簡単さ!いつでも取り出しやすいのもいいですね

おしりふき2パックが丸ごと収まる

コンビクイックウォーマー 口コミ

赤ちゃんのお尻を拭いている最中におしりふきが無くなることってないですか。

急いでストックを取りに行かないと行けなかったり、手が離せない時は誰かに頼んだり。

そんな小さなことがプチストレスになったりしますよね。

コンビクイックウォーマーは市販のおしりふきだと2個収めることができるので補充回数が少なくすみ便利です。

容量が大きいと気づいた時に補充もできるので楽です。

2個入れておけるから、補充回数が少なくて楽ちん

コンビクイックウォーマーのデメリット

コンビクイックウォーマーのデメリット

  • コンセントの届く範囲でしか使えない
  • おしりふきの残りが少なくなると熱い
  • ウォーマーのサイズが大きい

コンセントの届く範囲でしか使えない

コンビクイックウォーマー 口コミ

常時温かいおしりふきが出てくる便利なコンビクイックウォーマーですが、コンセントの届く範囲でしか使えません。

ベビーベッドを置いた場所から直接コンセントに届かなかったので、延長コードを活用していました。

脱衣場で急なおむつ替えがあってコンセントを抜いて持ち運んでも、しばらくはおしりふきが温かいので不便に感じるほどではありませんでした。

コンセントが短いですが、延長コードを使ってもいいし、コンセントを抜いてもしばらく温かいので必要な場所に持って行ってもOK

おしりふきの残りが少なくなると熱い

子どもが成長するにつれておむつ替えの頻度も減ってきます。

残り少ない状態で常時温めているおしりふきを取り出した時、大人の手でも熱いなと思うくらいに温まりすぎていました。

取り出してすぐは使えないので、手のひらで熱を逃がしてから使用していました。

残りが少なくなれば、新しいおしりふきを随時追加すると防げます。

使用頻度がさらに減ると乾燥したおしりふきになっていることも。

ネットでの製品説明にも”乾燥が著しい場合は他のおしりふきをご利用ください”と書いてあります。

コンビクイックウォーマー 口コミ

使用頻度が1日に日中2,3回ほどになってきたら、使用しない夜はコンセントを抜いておくことがオススメです。

おしりふきが残り少ないと熱くなりすぎたり乾いてしまったり……でも補充すればOK。使わない時はコンセントを抜いてもいいかも

ウォーマーのサイズが大きい

コンビクイックウォーマー 口コミ

コンビクイックウォーマーは幅23.7cm×高さ14.0cm×奥行き17.5cmあり、ほぼティッシュ1箱分の大きさと同じです。

ヒーター機能が蓋部分に搭載されているので、本体の重さも980gあります。

コンビクイックウォーマー 口コミ

家中を持ち運んで使用することが頻繁にあるわけではなく、コンセント近くが定位置になるので気になりません。

ティッシュ箱一つ分は少し大きいかも?でもいつも持ち運ぶわけではないので気になりません

コンビクイックウォーマーの基本情報

                                                  
対象年齢0カ月~
サイズ17.5×23.7×14cm
重量980g
販売会社コンビネクスト株式会社

コンビクイックウォーマーを購入すべき人

赤ちゃんに快適なおむつ替えをさせたい人
冷たいおしりふきを嫌がる子がいる人
出産祝いに実用的なものを贈りたい人

コンビクイックウォーマーを使用していた我が家はおむつ替えを嫌がることがありませんでした。

食事中の口元の汚れも温かいウェットシートは拭き取りやすく、ヒヤッとしません。

コンビクイックウォーマー1つで快適な育児生活になるのでオススメです。

おむつ替えを嫌がる子には試したい!口元の汚れなどにもいいですね

まとめ

おしりふきがヒヤッとしない!冬も快適なおむつ替え
2歳児でもセットできる簡単さがいい
2パック入る大容量で交換の手間が少ない

そのままだとヒヤッと冷たいおしりふきを温めてくれるコンビクイックウォーマー。

使い方はとっても簡単で、赤ちゃんのお尻にヒヤッとするおしりふきを当てるのはちょっとかわいそうになってしまう冬場には特におすすめです。

また、乾いてこびりついてしまった汚れを取るにも温かい方が汚れ落ちがよく、使う枚数も減るので経済的。

おむつ替え時だけでなく食事中の口元の汚れを拭き取る時など、色々な場面で大活躍すること請け合いです。