【口コミ】くもんスタディ将棋で実際に遊んで感じたメリット・デメリット

当記事は広告を含む可能性があります

この記事で分かること

  • くもん スタディ将棋の口コミ
  • くもん スタディ将棋のメリット・デメリット

子供に将棋をさせてみたいと思っても、親がやり方を知らないので教えられない……ということもあるでしょう。

しかし「くもん スタディ将棋」はそんな悩みを解決してくれます。

ひとつひとつの駒に動かし方が書いてあり、説明書にわかりやすい解説が載っているので、子供だけでなく大人の初心者にもおすすめ。

親子で一緒に将棋にチャレンジできますよ。

この記事では、くもん スタディ将棋を実際に使用した口コミと、使ってみてわかったメリット・デメリットをご紹介します。

くもんのスタディ将棋で子供と一緒に遊んでみた口コミ

こちら、遊べる年齢の目安は5歳~と、幼児向けにも見えるパッケージですが、開けてみるとビックリ!

くもん スタディ将棋 口コミ

社団法人日本将棋連盟が監修しており、オモチャっぽい感じは全くしません。

子供だけでなく、私のような将棋初心者の大人にもオススメです。

くもん スタディ将棋 口コミ

コミュニケーショントイとうたわれているように、子供と一緒に会話しながら将棋を楽しめることを目標にして遊んでみました。

おもちゃっぽくない!子供だけでなく大人の将棋初心者にもおすすめ!

くもん スタディ将棋の利用者のネット上の口コミ

くもん スタディ将棋のメリット

くもん スタディ将棋のメリット

  • 駒に動かす方向が書かれている
  • 説明書の解説が分かりやすい
  • 片付けやすい

駒に動かす方向が書かれている

くもん スタディ将棋 口コミ

初心者にとって将棋に取っ付きにくい原因は駒の動かし方が分からないこと。

くもんのスタディ将棋なら、それぞれの駒に動かし方が見てすぐ分かるよう書いてあります。

例えば角なら矢印の4方向に行くことができます。

さらに矢印が飛び出しているので、1マスに限らず好きなだけ動かせます!

くもん スタディ将棋 口コミ

そして相手の陣地に入って成ったとき、裏返すと…馬となってパワーアップ!

もちろん、こちらにも矢印が書いてあります。

くもん スタディ将棋 口コミ

将棋を打つのが初めての我が子でも、矢印を見ながら駒を正しく動かすことができました!

駒の動かし方を知らなくても、駒自体に書いてあるので挑戦しやすい

説明書の解説が分かりやすい

くもん スタディ将棋 口コミ

将棋をやっている子は頭が良い、集中力がつく、などの口コミから、子供に将棋をやらせたいママと思うは多いもの。

我が家もそう思っていたのですが、自分も将棋のルールをよく知らなくて、なかなか教えられなかったりしました。

スタディ将棋の説明書には駒の特徴や並べ方、初めての子でも取り組みやすい「歩なし将棋」なども例をあげて丁寧に解説されています。

私でも子供と一緒に覚えながら対局できました。

説明書がわかりやすいから、教えられる人がいなくても説明書を読んで対局できる

片付けやすい

くもん スタディ将棋 口コミ

将棋の駒は小さいし数が多いので、子供に片付けを任せると無くしやすいです。

しかも足りなくなったら将棋が出来ないので大問題。

でもスタディ将棋は駒がピッタリ収まる蓋付きケースが付属しています。

くもん スタディ将棋 口コミ

またケースも折りたたみの将棋盤の中に収納できるようになっています。

くもん スタディ将棋 口コミ

将棋盤もロックがついていて勝手には開かないようになっていて、遊ぶ時に「駒はドコ?」なんてことにはなりにくいですよ。

ケースに駒を収納したら、そのケースを将棋盤の中に収納するシステムでお片付けは簡単&駒をなくしにくい

くもん スタディ将棋のデメリット

くもん スタディ将棋のデメリット

  • 将棋に興味のない子は遊んでくれない
  • 対戦相手が必要
  • 負けたらやりたくなくなってしまう

将棋に興味のない子は遊んでくれない

スタディ将棋は見た目に華やかなおもちゃではないので、将棋に興味のない子は遊んでくれません。

どんなおもちゃにも共通しますが、子供が興味を持つかどうかは親の働きかけが重要です。

まずは大人が楽しそうに取り組んでいる姿を見せてみましょう。

パパママで対戦してみても良いですね。

子供も「やってみたい!」となりますよ。

大人が楽しんでいれば、子供もやってみたくなるはず!まずは大人が興味を持って取り組みましょう

対戦相手が必要

当たり前ですが将棋は二人で対局します。

子供から「一緒にやろう」と誘われても忙しくて相手ができないと、せっかくのヤル気をなくしてしまいます。

子供とじっくり将棋に向き合える大人がいたり、兄弟で一緒に対局できるなど、いつでも対戦相手のいる環境があると良いですね。

対戦相手になれる大人や兄弟がいつもいる環境だといいですね

負けたらやりたくなくなってしまう

将棋は勝ち負けがはっきり決まるので、子供によっては負けたことで「もうやりたくない!」となります。

負けると怒る性格の子も。

逆に負けず嫌いで「今度こそ勝ちたい!」と思えれば、その分熱心に取り組んで、どんどん強くなっていきます。

「次は勝てるように頑張ろう」など負けても諦めない声がけをしてあげて下さい。

負けても次は勝てるように、大人が配慮のある声かけをするとどんどん強くなっていきます

くもん スタディ将棋の基本情報

                                                           
対象年齢5歳以上
材質将棋盤:天然木、発泡ウレタン・ABS樹脂
駒・駒台:天然木
解説書・スキルアップブック:紙
サイズ盤:縦35.7×横33.6×高さ3.2cm
駒サイズ:底辺から頂点まで約31mm
幅:28mm
重量1100g
販売会社株式会社 くもん出版

くもん スタディ将棋を購入すべき人

くもん スタディ将棋 口コミ

子供に将棋をやらせてみたい人
駒の動かし方が分からない人
将棋のルールをよく知らない人
集中力のある子に育てたい人
思考力のある子に育てたい人
粘り強い子に育てたい人
負けず嫌いの子に育てたい人
子供に先を予測する力を身に着けさせたい人
子供と一緒に将棋を楽しみたい人

将棋は子供とコミュニケーションをとりながら一緒に楽しめます。

くもんスタディ将棋なら幼児期から一緒に遊べますし、これをきっかけに興味を持てばもっと大きくなってから、将来は大人になってからも一緒に対局したりできたら良いな、と夢が広がりますね。

思考力や集中力を育てる!大人になっても楽しめる遊びなのもいいですね

まとめ

駒に動かし方が書いてあり、解説書もわかりやすいので初心者でもすぐできる
駒をなくさないよう片付けも簡単にできる工夫がされている

子供が将棋に挑戦したがっても、周りにいる大人が将棋を知らなければ、誰も将棋を教えられなくて困ってしまうかもしれません。

くもん スタディ将棋なら、将棋を教えられる人がいなくても駒に動かし方が書いてあり、解説書もわかりやすいので大丈夫。

大人が楽しんでいれば子供が興味を持つきっかけになりますし、一緒に指せば子供とコミュニケーションする時間も取れますよ。

初心者だけど将棋をしてみたいという人、子供が将棋をやりたがっているけれどルールがわからなくて教えてあげられないという人は、くもん スタディ将棋で親子でチャレンジしてみてはいかがでしょうか。