【口コミ】ふかふかベビーバスを実際に利用したメリット・デメリット

この記事で分かること

  • リッチェルふかふかベビーバスの口コミ
  • リッチェルふかふかベビーバスのメリット・デメリット

赤ちゃんのもく浴に必要なベビーバスには、さまざまな種類があって、どれがいいのか悩んでしまいます。

里帰り出産などで持ち運ぶ機会が多く、コンパクトに折りたためるベビーバスを探している。

そんな人におすすめしたいのが「リッチェルふかふかベビーバス」です。

「リッチェルふかふかベビーバス」は、空気を入れるタイプのベビーバスで、軽くてコンパクトに折りたためるので持ち運びにも便利です。

空気を入れると適度な柔らかさと厚みができて、赤ちゃんの体が当たってもケガする心配がありません。

この記事では実際に「リッチェルふかふかベビーバス」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

空気を入れる量を調節すれば、自分好みの柔らかさや厚みにできるよ♪

ふかふかベビーバスを実際に利用した口コミ

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

出産準備で必要になるベビーバス。

もく浴は赤ちゃんのお世話の中でも重労働です。

生まれたばかりの赤ちゃんに少しでも良いものを、パパママが少しでも楽なものを、選びたいですよね。

私は里帰り出産を控えていて、使い終わった後も収納しやすい「コンパクトにできる」ことを優先して選びました。

私が購入したのが「ふかふかベビーバス」で実際に使ってみて良かったと感じました。

里帰り出産で、持ち運びやすさを重視して選んだよ!

リッチェルふかふかベビーバスの利用者のネット上の口コミ

リッチェルふかふかベビーバスのメリット

リッチェルふかふかベビーバスのメリット

  • やわらかいビニール素材
  • コンパクトになる
  • フック用の穴がある

やわらかいビニール素材

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

赤ちゃんにやさしい構造で、空気を入れると柔らかくてクッション性があります。

赤ちゃんの手足がベビーバスに当たっても、柔らかいので痛くありません。

赤ちゃんを洗う時に大人の腕がベビーバスに当たりますが、柔らかくクッション性があって痛くなりませんでした。

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

また、新生児は体が小さいので、手で支えながら洗うのが大変でした。

このベビーバスは真ん中にストッパーがあるので、ずり落ちが防げて安心して洗えます。

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

赤ちゃんにケガさせる心配がなく、大人も洗っている時に腕が当たっても痛くならないよ!

コンパクトになる

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

空気を抜いて、コンパクトに折りたためて、持ち運びしやすく収納にも困りません。

私の場合は里帰り出産だったので、持ち運びを考えてコンパクトに折りたためるのも、重視したポイントでした。

里帰りで身の回りの物やベビー服やベビーグッズで、大量の荷物を持っていきました。

自家用車のトランクや座席まで、いっぱいに荷物を積みました(笑)

ベビーバスがかさばるタイプだったら、実家に置いて帰っていたと思います。

自宅に戻ってからも使えて、コンパクトに折りたためるタイプを選んで正解でした。

使わなくなっても、場所をとらずに収納できて助かっています。

空気を抜くとコンパクトに折りたためて、持ち運びや収納に便利だよ!

フック用の穴がある

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

ベビーバスにフックをかける穴があって便利でした。

フックをかけてつり下げると、スペースをとらずに乾燥できます。

使用後に洗って、タオル掛けやポールなどにフックを付ければ、そのままお風呂で乾燥できます。

フック用の穴があって、つり下げて乾かせるよ!

リッチェルふかふかベビーバスのデメリット

リッチェルふかふかベビーバスのデメリット

  • 空気を入れるのが大変
  • お湯を入れると持ち運びが大変
  • 穴が空くこともある

空気を入れるのが大変

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

100円ショップの空気入れを使ったのですが、空気を入れる穴が4個あって、なかなか膨らまずに時間がかかりました。

時間を計ると13分ほどかかりました。

ただ、女性だけでも空気を入れられて、膨らませた後はそのまま使えるので、使うたびに空気を入れる必要はありません。

空気を入れるのは大変でしったが、そこまでデメリットに感じませんでした。

最初に空気を入れてしまえば、そのまま使えるよ!

お湯を入れると持ち運びが大変

ビニール素材なのでお湯を入れると、持ち運ぶのが大変です。

ただ、しっかりしたプラスチック製のベビーバスも、お湯を入れば重くなるので持ち運びが難しいのは変わらないと思います。

私はお湯をためる時に、お風呂場の床にベビーバスを置いて、シャワーなどで入れていました。

シンクや流し台で使う方は、蛇口からそのまま入れられるので、持ち運ぶ機会は少ないと思います。

お湯をためると運びにくいから、使う場所に置いてからお湯を入れてね!

穴が空くこともある

リッチェルふかふかベビーバス 口コミ

私は2ヵ月間と短期間の使用だったので、問題はありませんでしたが、口コミを見ると穴が開いてしまったという方もいました。

もく浴期間が長くとる方や、下の子にも使う場合は、穴などの不具合が起こる心配があります。

しっかりとした厚手のビニール素材で、2ヵ月使っても穴などの不具合はありません。

洗い方や落とさないように注意すれば、穴などの問題もなく長く使えると思います。

私はゴシゴシと乱暴に洗わずに、手で優しく洗うように心がけていました。

穴が空いた人もいるようだけど、厚手のビニール素材で頑丈そうだよ!

リッチェルふかふかベビーバスの基本情報

商品名 ふかふかベビーバスW
対象月齢 新生児~3カ月頃まで
適用身長 60cmまで
最適湯温 37~40℃
※50℃以上のお湯は入れないでください
サイズ 68x47x29H(cm)
※空気の量により多少異なります。
容量 満水時:25L
MAXライン位置:10L
製品重量 580g

3色のカラーバリエーションから選べるよ♪

ふかふかベビーバスを購入すべき人

赤ちゃんの体に優しいベビーバスを使用したい方
里帰りや旅行などでベビーバスを持ち運びたい方
使用後も場所をとらずに収納したい方

ベビーグッズが増えていく中で、コンパクトに折りたためるのは、収納場所に困らないので重要なポイントですよね。

さまざまな種類があるベビーバスはどれがいいのか悩みますが、持ち運びやすく収納しやすいベビーバスがほしい方におすすめの商品です。

自分に合ったベビーバスを選んで、もく浴タイムがより快適になるといいですね。

空気を入れるとクッション性があって、軽くて持ち運びやすいベビーバスだよ♪

まとめ

空気を入れるとクッション性があって、肌に当たっても痛くない
軽くてコンパクトに折りたためて、持ち運びや収納に便利
フックにつり下げて乾燥できて、乾きやすく場所をとらない

「リッチェルふかふかベビーバス」は、空気を入れて使うベビーバスで、適度なクッション性があって肌に当たっても痛くありません。

空気を抜けばコンパクトに折りたためて、外泊や旅行に持っていき自宅と同じ環境でもく浴できて、使わない時の収納にも便利です。

ベビーバスを持ち運びたい方は「リッチェルふかふかベビーバス」を、ぜひ試してみてください。