【口コミ】ベッタキャリーミーのメリット・デメリット【使いにくい?使い方は?】

この記事で分かること

  • ベッタ キャリーミーの口コミ
  • ベッタ キャリーミーのメリット・デメリット

抱っこ紐のスリングタイプは新生児から使えて、コンパクトに折りたたんで持ち運びやすいので人気です。

しかし、さまざまな種類のスリングが販売されていて、どれを購入しようか悩みます。

そんな人におすすめしたいのが「ベッタ キャリーミー」です。

「ベッタ キャリーミー」は、独自の立体裁断で赤ちゃんをすっぽり包み込めて、底が丸く赤ちゃんを理想的な体勢で抱っこできます。

色や柄が豊富で自分好みのアイテムが見つかるのもポイントです。

この記事では実際に「ベッタ キャリーミー」を購入して感じたメリット・デメリットを解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

日本の職人が作っていて、安心できるスリングだよ♪

ベッタキャリーミーを実際に利用した口コミ

ベッタ キャリーミー口コミ

実際に利用してみて良いと感じたことは、まず寝かしつけが格段に早くなったことでした。

さらに、軽量で持ち運びに便利なことや、パパと気軽に共用できるのが優良ポイントでした。

キャリーミーより安いスリングも販売されていますが、赤ちゃんの体重を預けるので、安全性を一番に考えたいですよね。

公式ホームページに記載されている、「匠が丁寧に作り上げた日本製のベッタスリングはキッズデザイン賞を受賞している」という文章を読んで購入を決めました。

裏地もしっかりした生地で安心感があります。

ベッタ キャリーミー口コミ

この抱っこ紐は手が出しやすい価格で購入できて、育児の苦労を軽減できるため、自信を持っておすすめできる商品です。

寝かしつけが楽になって、パパと共用できるのが便利だよ!

ベッタキャリーミーの利用者のネット上の口コミ

ベッタ キャリーミーのメリット

ベッタ キャリーミーのメリット

  • 寝かしつけが早い!
  • 軽量でコンパクトなので装着が簡単
  • 夫婦で共用できる

寝かしつけが早い!

ベッタ キャリーミー口コミ

キャリーミーを使って一番満足したのは、抱っこをしてすぐに眠ってくれることでした、

生後3ヵ月頃に購入したのですが、「もっと早く買っておくべきだった!!」と、思うほどにあっという間に眠ってくれます。

背中はCカーブをキープできて、お尻から足にかけてはM字の形になり、赤ちゃんにとって一番自然な姿勢を保てます。

手で抱っこしているような姿勢で、ママと密着してスリングの布ですっぽりと包まれて、赤ちゃんにとって安心できるようです。

さらに、柔らかい布製で金属の部品もないので、眠った後はキャリーミーごとお布団に寝かせられます。

眠った後に抱っこ紐を外す必要がなく、背中スイッチが作動しにくいのは、うれしいポイントです。

背中のCカーブと足のM字がキープできて、密着して抱っこできるので寝かしつけが楽だよ!

軽量でコンパクトなので装着が簡単

ベッタ キャリーミー口コミ ベッタ キャリーミー口コミ ベッタ キャリーミー口コミ

エルゴの抱っこ紐も併用していて、エルゴと比較すると、キャリーミーは本当に装着が簡単だと感じます。

留めにくい背中のバックルや紐の調整がなく、肩に掛けるだけで準備できます。

キャリーミーを肩に掛け赤ちゃんを中に入れて、足を微調整すれば装着が完了します。

「泣きはじめた赤ちゃんを待たせず、すぐに抱っこできる!」という点にメリットを感じています。

エルゴも慣れれば早く装着できますが、慣れるまでは時間がかかり外出時に焦ってしまいます。

お買い物や病院などの人目が気になるところで、すぐに装着できてストレスが軽減できました。

折りたたんで付属のゴムで留めれば、バッグに入れても邪魔にならず、軽量で肩に掛けたままでも負担を感じません。

ベッタ キャリーミー口コミ

折りたたむとコンパクトになって、荷物にならないよ♪

夫婦で共用できる

ベッタ キャリーミー口コミ

ロック付きファスナーが付いていて簡単に肩ひもの長さが調節できて、夫と抱っこ紐を共用できます。

夫はエルゴの抱っこ紐を1人で装着できるまで時間が掛かりましたが、キャリーミーはすぐに装着できました。

「これなら俺も1人で使える!」と、購入直後から進んで抱っこをしてくれています。

夫に子供を預ける時も「キャリーミーはどこにある?」と聞かれるほどで、キャリーミーは夫婦の育児に必須のアイテムでした。

ベッタ キャリーミー口コミ

装着しやすく調節も簡単なので、夫婦で共用できるよ♪

ベッタ キャリーミーのデメリット

ベッタ キャリーミーのデメリット

  • 体重制限がある
  • 説明書をよく読まないと危険
  • 落下に注意

体重制限がある

キャリーミーは「新生児〜11.3kgまで」の体重制限があり、平均体重で言えば、「新生児期〜2歳頃まで」使用できます。

ただ、現在2歳になる息子の体重は13kgです。

成長が早く1歳5ヵ月頃には、すでに上限の体重より重たくなっていました。

息子はまだ1人でお昼寝はできないので、抱っこで寝かしつけが必要で、外出先でも徒歩と抱っこを繰り返しています。

エルゴだと体重は問題ないのですが、装着に時間が掛かるので、抱っこと降ろすのを繰り返すのに向いていません。

体重制限に気付かずしばらく使っていましたが、体重制限がオーバーしていて残念に感じています。

ただ、息子は1歳年上の子と同じくらいだったので、平均体重の子供ならもっと長く使えます。

11.3kg以上の子供には、使用できないから気をつけてね!

説明書をよく読まないと危険

ベッタ キャリーミー口コミ

キャリーミーを購入して抱っこした時に、息子の下肢がうっ血していることに気づきました。

「え?なんで?足の血管をせき止めてる!?」と焦りました。

キャリーミーは装着が簡単で、あまり説明書を読まずに使用して正しく抱っこできていませんでした。

説明書通りに使用すると、うっ血せずに抱っこができました。

どの抱っこ紐でも使用する前に、必ず説明書を読むようにしましょう。

真ん中のつなぎ目にお尻をのせて、太ももやふくらはぎが圧迫されていないか見て装着すると、うっ血を防げます。

正しく使わないと、うっ血などの危険があるから、説明書をきちんと読んでね!

落下に注意

キャリーミーに限らず、抱っこ紐で機嫌が悪い子供を抱っこするときは、落下に気を付けましょう。

体が大きい子供が泣いて暴れると、反動で落ちてしまう心配があります。

子供を降ろすか、お気に入りのおもちゃを渡して、機嫌が直るのを待って抱っこしてください。

抱っこした状態で暴れると落下の危険があるから、しっかりと予防してね!

ベッタキャリーミーの基本情報

対象年齢 新生児から2歳頃まで(3㎏前後~11.3㎏)
素材 コットン100%
胸まわり(アンダーバスト) 約65~100cm
肩ひも 42~60/12cm
92/58cm

スタンダードとロングの2種類が販売されているよ!

ベッタキャリーミーを購入すべき人

赤ちゃんの寝かしつけで苦労している人
セカンド抱っこ紐の購入を検討している人
パパと抱っこひもを共用したい人

上記のような方に、ヘビーユーザーだった筆者が自信を持ってキャリーミーをおすすめします。

キャリーミーを使って、育児の負担が軽くなればいいですね。

セカンド抱っこ紐に、ぴったりなアイテムだよ♪

まとめ

理想的な体勢で密着して抱っこできて、早く寝かしつけられる
サイズ調節が簡単で装着がしやすく、パパとの共用ができる
コンパクトに折りたたんで収納できて、持ち運びが簡単

「ベッタ キャリーミー」は、赤ちゃんを理想的な体勢で抱っこできて、寝かしつけの時間を短縮できます。

日本の職人が丁寧に作っているので安心感があって、装着やサイズ調節が簡単なので使い勝手がいい抱っこ紐です。

「ベッタ キャリーミー」は色や柄が豊富で、お気に入りのアイテムが見つけやすいので、ぜひ試してみてください。