【寝かしつけの救世主】おやすみホームシアターを1年使用した口コミ

おやすみホームシアター 口コミ

毎日子供の寝かしつけに苦労していませんか?

子供がなかなか寝付かない
寝付くまで抱っこや授乳が必要

など・・・寝かしつけに関する悩みはさまざま。


私も寝かしつけで苦労していましたが、おやすみホームシアターを購入してから、子供たちが格段に早く寝てくれるようになりました。


何もしなくても、おやすみホームシアターを見ているだけで勝手に眠ってくれます!


この記事では、おやすみホームシアターを実際に1年以上使用して感じた口コミを紹介します。


デメリットも正直に書いているので、購入を検討している方は参考にして下さいね。



おやすみホームシアターの口コミ

おやすみホームシアターを、1歳と3歳の子供の寝かしつけに1年間使用しました。


実際に使った私の口コミを詳しく紹介します。

見ているだけで眠くなる

おやすみホームシアター 口コミ

「おやすみホームシアター」の電源を入れると、天井いっぱいに可愛らしいキャラクターたちが写し出されるので、子供たちは大喜びでした。


正直、期待していたほど鮮明な映像ではありませんでしたが、幼い子供たちが楽しむには十分。


むしろ、鮮明すぎるよりもある程度ぼやけている方が、リラックスして見るにはちょうど良い!


おやすみホームシアターの映像を眺めながら布団に寝転がっているうちに、自然と子供たちはうとうとしはじめます。


普段は30分くらいのタイマーを設定しているのですが、タイマーが終わる頃には子供は夢の中です。


また、子供を抱っこしたり背中をトントンしなくても入眠してくれるので、私の肩や腰の負担も楽になりました。


おやすみホームシアターは、寝かしつけに期待以上の効果があります。


優しいメロディが心地よい

おやすみホームシアター 口コミ おやすみホームシアターの電源を入れると、オルゴールやピアノの優しいメロディが流れてきます。


本体にクラシック音楽がいくつも内蔵されていて、ボタンを押すと自由に音楽を切り替えることができます。


また、ディスクを入れ替えればもっと多くの曲を楽しめます。 おやすみホームシアター 口コミ


ディスクの入れ替えも簡単にできます。 おやすみホームシアター 口コミ


おやすみホームシアターのメロディはゆっくりとしたテンポで心地が良く、聞いているうちに段々とまぶたが重くなってきます。


癒やされる映像とクラシック音楽の相乗効果で、子供たちも私も、あっという間に寝てしまいました。


おやすみホームシアターのメロディを聴いていると、私もとてもリラックスできるので、今では寝かしつけの時間が毎日の楽しみになっています。


「見たら寝る」という習慣づけになる

おやすみホームシアター 口コミ 赤ちゃんって、夜になるとより一層元気になりませんか?


これから寝ようという時に子供が活発になると、寝かしつけが長引いてしまい、いつも大変な思いをしていました。


毎晩寝る前におやすみホームシアタ-を見るようになってから、子供たちは「これを見たら寝る時間なんだ」と理解してくれたようです。


おやすみホームシアターを持って寝室に移動すると、自ら布団の上に転がるようになりました。


見るのが楽しみで仕方が無いという様子!


以前は、子供を寝室に連れて行くだけで一苦労だったので、寝る前の良い習慣づけになったと感じました。

低月齢から使える

「おやすみホームシアター」の映像は、キャラクターの静止画がプラネタリウムのようにゆっくりと回転する、非常にシンプルなもの。


良い意味で単調な映像なので、見ていると気分が落ち着き、いつの間にかまぶたが垂れてきます。


テレビアニメのように、激しい動きやセリフなどは一切ないので、寝る前に子供が見ても興奮しません。


そのため、光や音に敏感な0ヵ月の赤ちゃんから安心して見せることができますよ。


4歳以上の子供には少し退屈かもしれませんが、小さな子供には程よい面白さです。


リラックスした気分で見られるので、子供たちの寝付きが良くなりました。


どこにでも置ける

おやすみホームシアター 口コミ おやすみホームシアターは好きな場所に置くことが出来ます。


単2電池4つで作動するので、置く場所を選びません。


たとえば、枕元にコンセントがない場合や、コンセントから離れた場所で使用したい場合などにも、場所を問わずに使用できます。


わが家の場合、タンスの上におやすみホームシアターを置いていました。もし、コンセントが必要な装置だったらコードが届かなかったでしょう。


また、旅行先のホテルや祖父母の家に帰省する時など、自由に布団や家具が動かせない場所でも活躍します。


いちいちコンセントに差す手間もないので手間が少なく、ボタン一つで寝かしつけが始められるのも大きなメリットだと思いました。

「おやすみホームシアター」を使用して感じたデメリット

おやすみホームシアターのデメリットも、正直にお伝えします。


おやすみホームシアターを購入する前に、一度目を通して置いてくださいね。

本体が重い

おやすみホームシアターの本体は800グラムで、小型のラジカセぐらいの重さがありました。


片手でも軽々と持てますが、手提げカバンに入れて旅行先に持ち運びたい人には少し重いでしょう。


また、本体が正方形で大きいので、カバンの中でかさばるのもデメリットです。 おやすみホームシアター 口コミ


そのため、外出時に持ち運ぶときはキャリーケースにしまったり、車で移動するのが良いと思います。

映像が薄い

おやすみホームシアター 口コミ おやすみホームシアターの映像は、部屋を真っ暗にしないと薄く感じます。


私は映像が薄いと感じたら、ドアの隙間を毛布でふさいだり、カーテンの隙間をテープで止めたりして工夫していました。


少し手間ですが、外からの光が部屋に漏れないようにすると、映像がもっと鮮やかに見えますよ。


もし、映像が薄いと感じたら、部屋の中が明るくないか確認しましょう。

ピントが合わない

おやすみホームシアターは、ピントが合っていないと映像がぼやけて見えます。


ほやけていると思ったら、まずはレンズ部分を回してピントを調節してみてください。


また、天井から離れているとピントが合いにくいです。


そんな時は、おやすみホームシアターの本体を台の上や棚の上などに置いて、なるべく天井の近くに置きましょう。


天井から1.5メートル以内に置くのがオススメです。


それでもダメなら、横にして壁に映す方法もあります。壁の近くに置いて映してみると、子供が映像に触れたりできるので楽しいですよ。 おやすみホームシアター 口コミ

おやすみホームシアターを買った方が良い人

おやすみホームシアター 口コミ おやすみホームシアターは、こんな方におすすめです。


  • 子供の寝かしつけに時間がかかる方
  • 抱っこや背中トントンするのに疲れた方
  • 授乳で寝かせるのをやめたい方
  • 子供が寝室に行くのを嫌がる方


子供を寝かせるのって本当に大変ですよね。


私もついイライラして、「早く寝なさい!」と怒ってしまい、後で自己嫌悪することもありました。


でも、寝る前におやすみホームシアターを見るようにしてから、寝かしつけにかかる時間がとても短くなりました。


部屋を暗くしても1時間以上寝なかった子供たちが、今では30分以内に寝てくれます。


その上、延々と抱っこしたり背中トントンしなくても、一人で勝手に眠ってくれるので、腕や腰の負担が軽減しました。


映像を見るだけで寝かしつけられるので、赤ちゃんを授乳で寝かせるのをやめたい方にも向いています。


おやすみホームシアターがあると、自然と夜間断乳ができますよ。


おやすみホームシアターは、寝かしつける時間が短くなり、手間も減る魔法のアイテムです。


「子供に1分1秒でも早く寝てほしい!」という方は、ぜひ試してみてください。


おやすみホームシアターの口コミ まとめ

最後に、おやすみホームシアターの特徴をまとめます。


眺めているだけで眠くなってくる
低月齢の赤ちゃんにも使える
睡眠の習慣づけになる
コンセントが不要でどこでも置ける
抱っこや背中トントンしなくても寝てくれる


おやすみホームシアターは、私にとって「寝かしつけの救世主」とも言える存在です。


可愛らしいキャラクターの映像を見ながら布団に寝転がっているだけで、子供が勝手に眠ってくれます。


もう、抱っこしたり背中をトントンする必要もありません。


おやすみホームシアターを購入してから、私の精神的・肉体的負担が格段に減りました。


もう以前のように、寝ない子にイライラして怒鳴ることもないです。


はじめは、おやすみホームシアターを見るだけで本当に早く寝るのか半信半疑でしたが、期待以上の効果がありました。


子供たちが早く寝てくれる分、私の自由時間も増え、夜のフリータイムを満喫しています。


子供の寝かしつけに悩んでいる方はぜひ試してください。


苦痛だった寝かしつけの時間が、楽しみなひとときに変化しますよ。