【口コミ】KATOJI ベビーゲートを実際に利用して感じメリット・デメリット

 この記事で分かること

  • KATOJI ベビーゲートの口コミ
  • KATOJI ベビーゲートのメリット・デメリット

キッチンや階段など、小さな子どもには危険な場所にはベビーゲートを取り付けたいところですが、間口が狭いところだと取り付けられるベビーゲートが見つからない場合もあるかもしれません。

しかし「KATOJI ベビーゲート」なら、間口60cmの場所にも対応、他の商品では取り付けられなかったところにも取り付け可能です。

また、自動開閉機能で勝手に閉まってくれるので、扉を開けて通ったあときっちり閉めなくても大丈夫。

閉め忘れてしまっても子どもを危険にさらすことはありません。

この記事では、KATOJI ベビーゲートの口コミと、実際に使って感じたメリット・デメリットをご紹介します。

KATOJIのベビーゲートを実際に使ってみた口コミ

KATOJI ベビーゲート 口コミ

子どもがハイハイやつかまり立ちをよくするようになり、キッチンに来てイタズラして困る!

そんなハイハイ大好き、つかまり立ち大好き、イタズラ大好きな時期にベビーゲートの購入を考えました。

我が家はキッチン入り口に設置しました。

設置してからは、キッチンに入って冷蔵庫を開けるなどのイタズラされることもなく安心して料理を作ることができています!

また、安全な場所で、子どもが楽しく遊べるので、ケガする回数を減らすことが出来ます。

色々なところや場所にも興味がある小さい子どもだからこそ、ここは入ったらダメ!など怒ってしまうことも無くなって、ママ・パパの負担も減りました。

キッチンなどでのイタズラ防止に!ハイハイやつかまり立ちが始まったら取り付けたいですね

KATOJI ベビーゲートの利用者のネット上の口コミ

KATOJI ベビーゲートのメリット

KATOJI ベビーゲートのメリット

  • 狭い場所にもピッタリ!!
  • 90°で開閉機能付かつダブルロック付!
  • 開閉ロックを変えると、手前側のみ開閉・奥側のみ開閉も可能!
  • 取り付けが簡単!

狭い場所にもピッタリ!!

KATOJI ベビーゲート 口コミ

60cm〜対応可能なKATOJIのベビーゲート。

しかし、ベビーゲートで検索すると、どうしても店頭・ネット共に75cm〜のものが多めの印象です。

小さい物でもよく見るのは70cm。

よく検索で出てくるベビーゲートの70cmに対し、設置予定の我が家のキッチン入り口は60cm…。

しかし、60cm〜対応可能のSサイズならピッタリでした!

しかも!

シンプルでオシャレなデザインなので、色々な場所にも合います。

別売の拡張フレームもあるので、階段下や部屋の間仕切りとしても使えます!

子どもの成長に合わせたり、引越しなどしても、設置箇所を都度変えることができますよね。

60cm〜対応できるサイズ展開で、他のメーカーの商品ではダメだった狭い場所にも取り付けられる!

90°で開閉機能付かつダブルロック付!

KATOJI ベビーゲート 口コミ

ズボラな私は、ベビーゲートのドアすら開けるのが面倒臭いと思う時がよくあります。

遊び場に使用しているベビーゲートには90°での開閉機能がありません。

なので、たまにロックを開けっぱなしにしてしまっていて、子どもが隙間から脱走することも……

ですが、このKATOJIのベビーゲートなら、開閉機能付なので、微妙な開け方の場合は、自動的に閉まります。

また、ダブルロック付なので、子どもに知恵がついてきて開けようとしても大丈夫です!

また、90°で開けたままにも出来るので(手前にも奥にもできる!!!)、荷物を持っていて手が塞がっている時や、子どもが寝てからなど、いちいち開け閉めをすることなく通ることができます!

そのおかげで、うちの家では、朝子どもが起きるまでや、昼寝中、夜寝てからの出入り中は開けっぱなしで過ごしているので、一手間省けています。

しっかり閉めなくても自動で閉めてくれる!90°開けば開けっぱなしにもできて便利

開閉ロックを変えると、手前側のみ開閉・奥側のみ開閉も可能!

下に付いている開閉ロックは、扉の両側についていて、手前に開閉のみ、奥に開閉など選択できます!

両側上げる→両側に開閉可能
KATOJI ベビーゲート 口コミ 両側下げる→扉は開けることができない
KATOJI ベビーゲート 口コミ 手前のみ下げる→手前に開閉可能
KATOJI ベビーゲート 口コミ 奥のみ下げる→ 奥に開閉可能 KATOJI ベビーゲート 口コミ

これだけ開閉の選択があれば自分の好きなように変えれますよね。

私は両側にしていて、どちらからも自由に開閉できるようにしています。

開閉ロックで場所や都合によって奥のみ、手前のみ、両方など自由に開け方が選べる!

取り付けが簡単!

KATOJI ベビーゲート 口コミ

カラーボックスの組み立てにも、かなりの時間がかかってしまうくらい不器用な私ですが、取り付ける時には10分程度で取り付けることができました。

工事をする必要も、工具を準備する必要もなく、組み立ての作業手順もかなり少ないので、サッと取り付けできました。

男手がなくても、調節ボルトで突っ張って固定するのですが、その突っ張りさえしっかり出来ていれば取り付けは完了します。

ホントに簡単だったので、不器用な私でも楽々設置できました!

不器用さんでも大丈夫!工具要らずで簡単に取り付けられます

KATOJI ベビーゲートのデメリット

KATOJI ベビーゲートのデメリット

  • 自動で閉めると開閉の音が大きい
  • 補助キャップ使用する場合は壁に傷がついたり、汚れたりする
  • しっかり取付しないとズレることもある
  • 段差がある

自動で閉めると開閉の音が大きい

90°に扉を開いていない時は自動で閉まる機能がついています。

自動で閉める時は、手を離して閉めてしまうとバンッ!と音がしてしまいます。

子どもが寝ている時や静かにしたい時は、音が気になってしまうので、注意が必要です。

最後まで手を離さずに扉を閉めると静かに閉めることができます。

自動で閉まる時には大きな音が出るので、子どもが寝ている時など静かにしたい時は注意

補助キャップ使用する場合は壁に傷がついたり、汚れたりする

KATOJI ベビーゲート 口コミ

調節ボルトを隠すためやボルトがズレないように補助キャップがついています。

補助キャップをしようするためには、両面テープでキャップを固定するか、ネジで固定する、もしくはその両方で固定して使えます。

両側テープを使用→壁が汚れる
ネジ→壁に穴があく

どちらを使用しても壁が傷ついてしまう可能性があります。

壁に穴が開いても大丈夫な箇所に取付するもしくは両面テープを使用する時はマスキングテープを貼ってから両面テープを貼ると壁に汚れが付かなくて安心ですよね。

壁が傷ついたり汚れたりする時があるので、傷ついても大丈夫な場所に取り付けるか、マスキングテープを使用するなどの工夫が必要

しっかり取付しないとズレることもある

工事や工具も不要で、こんなズボラな私でも、わずかな時間で取付が出来たこのKATOJIのベビーゲートですが、突っ張りをして取付完了となるので、突っ張りがしっかりできていないとズレてしまうことがあります。

4ヶ所突っ張りをする部分があるのですが、最初から全部の箇所をまんべんなくしっかり突っ張りをするのは難しいと思うので、少しづつ調節していくことが大切です。

ただ、全ての箇所がしっかり突っ張れていれば、子どもがつかまり立ちしてもびくりともしないので、安心です。

4ヶ所突っ張って取り付けるのが少し難しいので、少しずつ調整しましょう

段差がある

KATOJI ベビーゲート 口コミ

ベビーゲートの下部分には4cm程度の段差があります。

掃除機をかける時や、普段通る時に慣れるまでは掃除機がひっかかったり、躓きそうになってしまうこともありました。

数日経てば慣れるので、慣れるまでは注意が必要です。

ゲート下の段差に慣れるまで、躓いたり掃除機をひっかけたりなどに注意しましょう

KATOJI ベビーゲートの基本情報

対象年齢生後24ヶ月以下
材質鋼鉄フレーム、ABS樹脂
エポキシ樹脂塗装
サイズ幅60×厚み4.5×高さ79cm
取付幅60~67cm
※取付場所に幅木がある場合、
幅木の高さが約1cm以上、約4.5cm以下の場所へは、
しっかり取付ができない事がある為使用不可
重量約3.4kg
販売会社株式会社カトージ

KATOJIのベビーゲートを購入すべき人

キッチンや洗面所などに小さい子どもが入ってしまうことがあり、目を離した時にイタズラされて困ることがある。
階段下や部屋の間仕切りをおしゃれに作りたい
工具も使わず簡単に取付したい
いちいち開け閉めするのが面倒だけどベビーゲートが欲しい!

こんな方には是非おすすめです。

子どもがつかまり立ち、伝い歩き、ハイハイをし出すと引き出しの物を出したり、イタズラされる回数もかなり増えますよね。

色々な場所にも探検したくなっちゃうので、パッと目を離してしまった間に、かなり違うところに居ることも…

キッチンなどは、怪我のリスクがある危険な場所であっても、日常生活する上では不可欠な場所。

ゲートを使用して、たくさん自由に、安全な場所で楽しく遊ばせてあげたいですね。

簡単に取り付けできて、自動で閉めてくれる!イタズラや怪我のリスクがなくなって嬉しい

まとめ

狭いところにも簡単に取り付けられる
自動で閉めてくれる
開閉ロックで開閉の方向とロックを簡単に切り替えできる

KATOJI ベビーゲートなら、幅60cmの場所にも取り付け可能。

他の商品では大きすぎて取り付けられなかった狭い場所にも取り付けられます。

また、出入りした時に扉を閉めなくても自動で閉めてくれるので、閉め忘れて子どもが危険な場所に入ってしまうこともなく安心。

さらに手前にも奥にも開閉できるのでいつでも開けやすい方向に扉が動きますし、開閉ロックを切り替えれば奥のみ、手前のみなど開け閉めする方向を変えられてとても便利です。

幅が狭いところにベビーゲートを取り付けたい人や、ゲートの開け閉めが面倒!という人は、ぜひKATOJI ベビーゲートをチェックしてみてください。