BGC・マニラ(フィリピン)の保育園・幼稚園・プレスクールについてのまとめ

BGC 保育園 幼稚園 プレスクール

・フィリピンの駐在でBGCに住むことになったんだけど保育園・幼稚園・プレスクールはある?
・BGCにある保育園・幼稚園・プレスクールはどんなところ?


このような疑問を解決します。


この記事ではBGCに在住している私が、住むにあたって調べたBGCにある保育園・幼稚園・プレスクールについてまとめます。


BGC・マニラにある日系の保育園・幼稚園・プレスクール

BGC・マニラには日系の保育園・幼稚園・プレスクールが4つあります。

ウィズこども園
ケリープライマリースクール
オイスカマニラ日本語幼稚園
マミーインタナショナル(一時保育)

日系の保育園・幼稚園・プレスクールの比較

入園料 保育料 保育時間 場所 送迎バス
ウィズこども園 30,000ペソ 32,500ペソ 平日:9:00 ~ 15:00 BGC あり
ケリープライマリ―スクール 非公開
(他より安い)
非公開
(他より安い)
月曜日~金曜日
9:00 〜 15:00
(9:00 〜 12:00 選択可)
BGC なし
オイスカマニラ日本語幼稚園 US$1,200 US$560/月 (年長児・年中児・年少児)
US$570/月 (未年少児)
月曜日~金曜日
<一日保育> 9:00~15:00
<半日保育> 9:00~11:30
マカティ あり
マミーインタナショナル 5,000ペソ 一日預かり3,000ペソ
半日預かり1,500ペソ
2時間預かり 13:00~15:00 1,000ペソ
一日預かり 9:00〜15:00 3,000ペソ
(午前の部) 9:00~12:00 1,500ペソ
(午後の部) 12:00~15:00 1,500ペソ
2時間預かり 13:00~15:00 1,000ペソ
BGC なし

教育方針

ウィズこども園

AI時代の本格的な到来に向けて、ロボットには代替されることがない創造力・コミュニケーション力を養うことがますます重要になっております。

創造力とは、さまざまな体験の中で、「見方・考え方」を工夫し、新しい価値を生み出す力です。コミュニケーション力とは、他者との関わりを深める中で、自分の思いや考えを論理的に伝え、他者の意見を理解し、相互に問題を解決する方法を見出す力です。

幼児期に創造力・コミュニケーション力を伸ばすために、何をするべきか。

ウィズこども園は、その答えが日本語の習得と体を動かすこと(運動・スポーツ)にあると考えています。

人は、言葉がなければ深く物事を考えることができません。幼児期に母国語である日本語を習得することは、論理的思考力を培うとともに、大切な人と言葉で伝え合うことで信頼関係を深めます。幼児期に体を動かすことは、神経系の発達を促進し、好奇心や集中力が刺激され、創造力を生み出す礎を築きます。また、スポーツを通して仲間と目標を共有することでコミュニケーション力は研磨されます。

ウィズこども園は、創造力・コミュニケーション力を育む幼児教育に真剣に取り組んでいます。

ケリープライマリースクール

個性を尊重し、
お子様に明るい未来を

Kelly Primary School では、
「学びの楽しさ 出来る喜びを 最上級の環境で」のもと、
異なる視点を持つことができる、異なる考え方ができる子どもたちの教育、
他とは違う教育環境を目指しています。(Think Different)


自立心
自ら考え行動する力


探求心
興味・探求心


集中力
じっくり取り組む


協調性
思いやりの心


オイスカマニラ日本語幼稚園

強い身体
健康第一をモットーとし、とんだり、はねたり、走ったり、1日1回はいきをはずませ汗をかき、体力、気力を養います。


きれいな心
子どもの持っている純粋な気持ちを大切にしつつ、友達と手を取り合い、動物に触れ、天真爛漫でだれからも愛されるような心を育成します。


良い頭
子どもは、遊びながら見る力、聴く力、物を扱う力、そして判断力を身につけていきます。
子どもの探求心を満足させ、想像力を養い、感覚を磨き、考えようとする姿勢を培います。


自立心と社会性
いつでも、どこでも笑顔で挨拶ができ、洋服の着脱、食事の行儀など基本的な生活習慣を身につけます。


『三つ子の魂、百までも』といわれますように、乳幼児期に経験したことや、教えられたことは心の深奥部(この部分は往々にして自分にも認識できない『無意識』の世界)に深く刻みつけられて、一生忘れることがありません。

子どもの心は最初、白紙のようなもので、生まれた瞬間から、自らの身体に具わった5つの感覚器官を用いて身近な環境からいろいろな情報を獲得して白い紙のような心に書きこんでいきます。しかも、ここで書きこまれたものは絶対に消すことができません。したがって、乳幼児の生育環境、特に家庭環境、つまり、文化財が大切なのです。

また、子どもは生活そのものを通して基本的な生活習慣(睡眠・清潔・食事・排泄・衣服の着脱)を身につけ次第に自分の身の周りのことは自分でできるようになります。これを、自立とよびます。そしてこの自立がその後に発達する『知能』や『社会性』の基礎になります。さて、幼稚園に入ると同じ年頃の子ども達と遊ぶ中で友達関係をもつことができるようになり、社会で生活していくのに必要な『きまり』を学習していきます。つまり、家庭と幼稚園とでは学習する内容が異なるのです。幼稚園は育児のお手伝いはできても、家庭の代わりをすることはできないと言えます。したがって幼稚園としては家庭と連絡を密にとりながら、保育を進めていきたいと考えています。

マミーインタナショナル

1 生きる力をつける
2018年4月より改訂された幼稚園教育要領・保育所保育指針・幼保連携型認定こども園教育・保育要領が施行されました。改訂において、幼児教育における「生きる力」の基盤を培うことがますます重視されることになりました。弊園では、こどもが様々な環境で、豊かな人間性、自ら学び、自ら考える力を養うプログラムを提供し、自立心を養うサポートを心がけています。


2 楽しむ英語
こどもたちは、毎日30分~50分ほどの英語プログラムに参加します。英語が好きになるために、こどもの興味にあわせたテーマで楽しむプログラムです。歌・手遊び・工作などで、こどもたちは英語を体感します。日本語による論理的思考が身につく小学生以降、英語をより集中して学習するための基礎を培います。


3 異なる年齢によるふれあいの時間
毎日の遊び・読み聞かせの時間やイベントでは、異なる年齢のこどもが相互に楽しめる機会を取り入れています。年上のこどもが、年下のこどもの面倒をみることで、思いやりの気持ちを育みます。


4 いつでも見学にお越しください
保護者は、園にいつでも見学にお越しになっていただいて問題ございません。こどもの成長を園と一緒に取り組むことを大事にしております。


5 クリエイティビティを育む毎月のイベント
こどもたちが好きなテーマを決め、積極的に参加できるイベントを毎月実施しています。人気の絵本や関心のあることをこどもたちから汲み取りながら、イベントの装飾や内容・劇のストーリーを作成しています。


保育園・幼稚園・プレスクールは何で選ぶ?

フィリピンで 保育園・幼稚園・プレスクールを選ぶとき何を基準にするかを、まとめます。

  • 運動重視(園庭や広場がある)
  • 英語授業と日本語授業の割合
  • カリキュラム(モンテッソーリ教育など)
  • インターナショナルまたは日系(国籍の割合)
  • 場所(BGC、マカティ)
  • 送迎バスがあるかないか

フィリピン駐在が決まったら?

フィリピン駐在が決まったら日本で用意しておくべきものがいくつかあるので、こちらに紹介しています。 フィリピンで手に入るものも多くありますが、日本で買った方が良いものもあるので忘れずに準備してください。

czech.hatenablog.com